アロマセラピストになるには

アロマセラピストに資格は必要か?

アロマセラピストには国家資格が設けられていないため、誰でもすぐに「アロマセラピスト」と名乗ることが可能です。

しかし、イギリスやフランスでは医療系の公的資格が設けられているアロマセラピスト。

人の心身に少なからず影響を与えるものですから、日本においてもしっかりした知識を持った上で施術を行うことが大切です。

「しっかりした知識」の証明になるのは、民間の資格を持っている、またはサロンでの実務経験があること。この2パターンの人を本当の「アロマセラピスト」と呼ぶことができるでしょう。

民間の資格を取得するなら

国内でもっとも多くの人が受験しているのが、環境大臣の許可を受けた公益社団法人、日本アロマ環境協会の「アロマテラピー検定」。

その上位に、「アロマテラピーアドバイザー」さらに上位に「アロマセラピスト」「アロマテラピーインストラクター」の各資格が設けられています。

日本アロマ環境協会 アロマの検定・資格

このほかにも、日本アロマメディカル心理セラピー協会の「アロマヒーリングセラピスト」、日本インストラクター協会の「アロマライフインストラクター」をはじめ、民間の資格は多岐にわたっています。

これらの資格を取得すると、フリーランスで施術を行う場合やカルチャースクールなどで講師として活動する場合の肩書きとして使用でき、顧客への信頼度を高めることができます。

サロンでの実務経験を積むなら

アロマセラピストの求人広告を見ると、ほとんどの企業や店舗が応募資格に「未経験者歓迎」「経験者優遇」と掲げていて、「有資格者歓迎」とは掲載していません。

経験者は就職に有利ですが、特に資格を持たず未経験者であってもサロンに就職することは可能だといえます。

そのサロンならではの知識や施術方法があるため、未経験で就職し、働きながら一から学んでアロマセラピストの地位を獲得するのが一番の近道だといえるでしょう。

サロンによっては民間資格の取得をサポートするところもあります。