アロマセラピストになるための学校(専門学校、スクール)

アロマセラピストを目指すスクールの種類

近年はアロマテラピーがブームになっていることもあり、多数の資格認定スクールが運営されています。

こうしたスクールは趣味の延長として主婦層を中心に人気を集めていますが、プロのアロマセラピストを目指す人にとっては役に立つのでしょうか?

また、美容系の専門学校の案内を見ると、ほとんどが目指せる職業に「アロマセラピスト」を挙げています。本当に専門学校で本格的に学ぶ必要はあるのでしょうか?

今回はスクールの種類によってどんな仕事が目指せるのかをご紹介します。

美容系の専門学校で学ぶ

アロマセラピストの仕事としてもっとも幅広いスキルを必要とするのは、人それぞれの悩みや好みに合わせて植物性香油を選んだり、調合することに加え、マッサージやトリートメントなどの施術を行う職種です。

こうした仕事を目指す場合、主にエステティシャンを目指す人が通う美容系の専門学校がもっともスキルの取得に役立つといえます。

実際にお客さんの顔や体に触れて施術を行うには、アロマの知識だけでなく、皮膚の構造や血液・リンパの流れ、ツボや反射区といったエステの知識が必要不可欠です。

美容系の専門学校で本格的に学び、エステティシャンとアロマセラピスト両方の資格を取得すれば美容サロンなどへの就職の際に有利になるだけでなく、フリーランスとして自宅などで開業することも夢ではありません。

資格認定スクールで学ぶ

日本にあるアロマセラピストの資格は民間のもののみであり、それぞれの資格を主宰している法人が提携スクールや公式認定スクールを抱えている場合がほとんどです。

施術を必要としないアロマグッズ販売店への就職、または医療関係施設や企業などにアロマセラピストやアロマアドバイザーとして就職するためには、資格が知識やスキルの基準になります。

目指す資格から提携スクールを抽出し資料を取り寄せるなどして、費用や講師陣、就職実績などで比較して、自分に合ったスクールを見つけるのが得策だといえるでしょう。