アロマセラピストの独立、開業

経験者のアロマセラピストの独立

アロマセラピストの資格を持っていて、企業の社員として美容サロンなどで経験を積んだ人が独立する場合、年収アップが見込める反面、大変なことも多いようです。

平均年収で見ると、社員で一般職の場合が200〜300万円、フリーランスの場合が300〜400万円といわれているので、大幅にアップするように思えるかもしれません。

しかし、これはあくまで平均年収だけの比較であり、ほとんどの場合、独立後しばらくは苦戦を強いられます。

まず、お客さんの獲得。社員の時には指名が絶えない人気のアロマセラピストであったとしても、その時の顧客を独立後も自分のお客さんにすることはできません。

個人では高い広告費をかけるわけにもいかないことが多いため、一から集客するためには人脈を使ったり、チラシを配布したりといった地道な努力が必要になります。

もうひとつネックになるのは初期費用。アロマトリートメントの施術を行うには、膨大な種類のエッセンシャルオイルをはじめとする消耗品に加え、マッサージベッドや内装などの設備投資も欠かせません。

独立後しばらくは出費が多く、収入が少ない期間が続くため、貯えに余裕をもっておくことが大切です。

仕事が軌道に乗り安定すれば年収の大幅アップが見込め、知名度が上がりクチコミが多くなるほどさらなる収入を望むことができます。

未経験からのアロマセラピストの開業

アロマセラピストは国家資格ではなく民間の資格であり、さまざまな法人が独自の資格を設けています。

アロマセラピストとして企業に就職した経験がない人でも、これらの資格を取得していれば、「●●認定アロマセラピスト」などの肩書きを使用することができ、いきなり開業することも可能だといえます。

しかし上の項目のように美容サロンなどで長年経験を積んだ人であっても顧客の獲得には苦戦するもの。

未経験からの開業となるとリスクが高いということは肝に銘じておく必要があるでしょう。