独学でアロマセラピストになれる?

独学でアロマセラピストを目指すには

アロマセラピストは国家資格ではないため、充分なやる気があれば、知識やスキル自体は独学で習得することも可能です。

しかし独学で正しい知識を得ることは大変な上に、どんなに知識や経験を積んだとしても基準になるものがなければ、自分がどれだけその世界で通用するのかを知ることは難しいでしょう。

そこで役立つのが、民間の資格を取得することです。資格を獲得した暁には、「●●認定アロマセラピスト」などの肩書きを使用することができます。

この肩書きは、フリーランスで施術を行う際に信頼度を増したり、サロンやアロマメーカーなどに就職する際に有利になったりと、アロマセラピストとして長く活躍するための一助となるに違いありません。

独学で資格の取得は可能か?

国内でもっとも多くの人が受験している、公益社団法人日本アロマ環境協会の「アロマテラピー検定」を例に挙げましょう。

当協会では「アロマテラピー検定」の次に「アロマテラピーアドバイザー」、その次に「アロマセラピスト」や「アロマテラピーインストラクター」と、より取得が難しい上位の資格を設けています。

美容業界では「アロマテラピー検定」にパスしている人は趣味が高じたレベル、「セラピスト」「インストラクター」の資格を持っている人は本格的なプロフェッショナルレベルのスキルを持つと認識されているようです。

「アロマテラピー検定」には1級と2級がありますが、それぞれに対応した公式テキストが販売され、試験問題はテキストから出題されるため、これを購入して学べば独学でも検定にパスすることは充分可能です。

しかし、「セラピスト」「インストラクター」は公式テキストが販売されておらず、しかも出題範囲が広いため、資格試験に臨む人はほとんどが協会の認定スクールに通っている人たち。

独学の場合は比較的高額な参考図書での勉強になりますが、学科試験の勉強はできても実技試験の勉強は難しいため、パスするのは至難の業といえるでしょう。

実技の部分だけは独学ではなく、スクールや「インストラクター」の資格を持つ人が講師を務める講座などで学ぶのが得策です。