アロマセラピストとエステティシャンの違い

アロマテラピーとエステティック

アロマテラピー

アロマテラピーとは本来、天然の植物から抽出したエッセンシャルオイル(植物性香油)を患者さんの症状に合わせて処方し芳香療法を行うことで、イギリスやフランスでは医療行為として認められています。

一方、日本ではアロマテラピーはリラクゼーションとしてしか使用することができず、資格も民間のもの。アロマテラピーを使用して人の心や体を癒す人をアロマセラピストといっています。

エステティック

エステティックという言葉には本来、「美学」「美意識」「審美」などの意味があり、転じて美顔術、メイクアップ、脱毛、痩身法などによって肌や体を美しくすることを指します。

エステティックの施術を行う人をエステティシャンといいますが、日本では公式な資格はなく、民間法人が定めたさまざまな資格が用意されています。

エステティシャンの仕事

アロマセラピストとエステティシャンの立て分け

本来、前の項のような明確なコンセプトの違いがあったアロマセラピストとエステティシャン。

ひと昔前まではアロマセラピストは健康系、エステティシャンは美容系という明確な立て分けができていました。

しかし現在では、アロマセラピストであっても肌を美しくするなど美容にアプローチする施術を行うようになってきました。

一方、エステティシャンの方も、リラクゼーションや健康増進を目的とした施術を行うようになり、明確な線引きができなくなってきています。

またどちらも日本においては公式な資格がないため、その不明瞭さは加速する傾向にあります。

ひとつの店舗で見てみると、アロマセラピストとエステティシャン両方のスタッフを抱えるケースはごくまれであり、あわせて「セラピスト」などど呼ばれ、同じ仕事を担当することもよくあります。

中にはアロマセラピストの資格を持った人がエステティシャンの肩書きだったり、エステティシャンの資格を持った人がアロマセラピストの肩書きだったりということも少なくありません。