アパレル店員の仕事内容

「売る」こと以外にもさまざまな仕事が

アパレル店員は、アパレルショップでお客さまに向けて洋服を販売する仕事ですが、それに付随する幅広い業務と役割を担っています。

接客そのものに関して言えば、来店してくれたお客さまに対して明るく元気な挨拶をすることはもちろん、洋服選びに悩んでいるお客さまへのアドバイス、試着のサポート、レジ業務などを行います。

また、お客さまに洋服を快適に選んでいただくため、店内の掃除をしたり、乱れた洋服をたたみ直すなど商品整理も欠かせません。その他、仕入れた商品の検品作業、タグ付け、ディスプレイ、在庫管理なども重要な仕事の一部です。

昇進すると店舗マネジメントも行う

未経験者の場合、最初はいち店員としてスタートしますが、キャリアを積むことでマネージャーや店長などにまで昇進することもできます。

そうなると、ただ接客や商品管理を行うだけでなく、スタッフの教育・管理を任されたり、毎月の売り上げ目標を立てたりと、店舗運営に直接関わる仕事にも携わることになります。

このように、アパレル店員にはさまざまな仕事がありますが、「接客のプロ」であることが求められます。

お客さまに心地よく買い物をしていただくため、一般常識やマナー、コミュニケーション力を身につけていることはもちろん、自店舗で扱う商品や流行のファッションについて、広く深い知識を持っている必要があります。

店員のセンスも問われる

いくら素晴らしい商品を並べていても、それだけで商品が売れるとは限りません。お客さまがオシャレでセンスのよい店員の姿を見ることで、「自分もこんな風に着こなしたい!」という購買意欲に繋がるのです。

アパレル店員は、いつでも「お客さまに見られている」という意識を持って、自らのファッションセンスを高めていかなければなりません。

仕事体験談