アパレル店員の服装

店舗で販売するブランドの洋服を着用することが多い

いつもオシャレなファッションに身を包んでいるアパレル店員は、基本的に、勤務先の店舗で販売しているブランドの洋服を着用して仕事をします。

お客さまにとっては、アパレル店員は「動くディスプレイ」のようなものです。

アパレル店員がブランドの服を着ることは、ただ棚に並べて洋服が置かれているよりも着用したときのイメージがより湧きやすく、販売促進の効果にもなるといわれています。

また、アパレル店員も自分で商品を身につけることによって、その商品の特徴やおすすめポイントをお客さまに伝えやすくなります。

シーズンごとに洋服を買う苦労

アパレル業界では、どのショップでもたいてい従業員向けの社員割引制度が用意されていますが、割引率はだいたい30%程度、大きくても50%程度となっています。

いくら割引があるとはいえ、シーズンごとに新しい洋服をいくつも買い直すとなると、それなりの出費になってきます。

とくにアルバイトや新人のアパレル店員の給料は低いことも多く、服飾費で生活がとても苦しいという声もよく聞かれます。

この悩みを抱えているアパレル店員たちは、コーディネートを工夫して、限られたアイテムでバリエーションを増やす努力をしたり、流行のアイテムはシーズンが終わると買取に出してお金を作っている人もいるようです。

制服を貸りられる職場も

なかには制服貸与制度があるショップもあります。

この場合、自分でコーディネートを考える必要もなく、お金はかかりませんが、せっかくアパレル店員として働くのだからオシャレをしたいと考える人にとっては、少々物足りなさを感じてしまうかもしれません。

しかし、このケースはまれで、アパレル店員の多くは自ら自店の洋服を買って着用することになります。

この業界特有の慣習によって、いざ仕事を始めてから金銭面で不安を抱くことにならないか、よく確認してから勤務を開始したほうがよいでしょう。

仕事体験談