ライターの働き方の種類・雇用形態

ライターの雇用形態

ライターには、さまざまな種類の働き方があります。

正社員として働くには、出版社や編集プロダクションに所属するのが一般的ですが、募集は少なくアルバイトで入社し長く下積みをする人もいます。

近年では、Webメディア企業での募集も増えてきています。

フリーランスとして独立すれば、特定のクライアントだけでなくさまざまなクライアントから依頼を受けて仕事をすることができます。

またクラウドソーシングサービスやワークシェアリングサービスなどを利用し、在宅でライターとして働いている人も増えてきています。

正社員のライター

正社員の求人内容

ライターの代表的な就職先としては、出版社や編集プロダクションが挙げられます。

ただし必ずしも正社員の募集が行われるとは限らず、全員が契約社員やアルバイトからのスタートとなることも珍しくないようです。

ライターを募集する企業での採用人数はさほど多いわけではないため、さらに正社員としての就職となると、非常に狭き門になると考えておいたほうがよいかもしれません。

Web系企業への就職

ライターというと雑誌や書籍といった紙媒体の記事に携わるイメージが強いかもしれませんが、最近ではWebコンテンツを作るライターの需要も大きくなっています。

そのためWebメディア企業などでもライターの募集が増えており、そこで正社員の求人が出ることがあります。

紙媒体とWeb媒体では制作の流れや執筆上の細かなルールなどは変わってきますが「書く」ということは共通しているため、正社員のライターになりたい場合は、就職先の選択肢を広げてみるとよいでしょう。

アルバイトから正社員へ

ライターのように特殊なスキルを要するクリエイティブ系職種は、まず正社員以外の雇用形態で一定期間働き、会社側から実力やセンスを判断されることで正社員に登用されるケースも多いようです。

どうしても働きたい会社がある場合、まずはアルバイトであっても入り込むことさえできれば、一生懸命仕事をしているうちに努力が認められて正社員になれる可能性はあります。

アルバイトであったとしても、こうした企業で働き身につけたことや実績は、転職時に大きなアピール材料にすることが可能です。

派遣のライター

派遣のライターとは?

ライターは派遣として仕事をする人もいます。

ここでいう派遣とは、一般事務職などオフィスワークの人が派遣会社に登録して派遣先で仕事をするものとは若干異なり、ライターのスキルを持つ人が「ライター派遣サービス」を手掛ける企業と契約を結び、ニーズに応じて仕事を行います。

たとえば企業が自社のパンフレットや商品カタログなどを作成する際に、プロフェッショナルとして的確な文章を書けるライターを要請することがあります。

クライアントにとって「派遣のライター」は、必要なときにだけ、必要な仕事をしてもらえるため、一定の需要があるようです。

派遣のライターとして働くには

派遣のライターとして働くには、ライター派遣を手掛けるプロダクションなどにスタッフ登録をするのが一般的です。

雇用形態は「業務委託」であることが多いようですが、企業によって募集内容が異なるため、事前によく確認することが大切です。

派遣のライターは、即戦力としてすぐ実務に携わることができる人が求められるケースがほとんどであり、スタッフ登録のための選考では書類審査や面接のほか、スキルチェックが行われ、未経験者が採用されることはほぼありません。

年齢制限はほとんどなく、20代から50代程度の幅広い年代の人が、派遣のライターとして活躍しています。

特定の分野に強みがあると有利に

派遣のライターはさまざまな分野で需要があります。

経済・ビジネス・教育・語学・スポーツ・法律・サイエンス・医療・介護など、特定の分野の専門知識が豊富な人や、ある業界に精通している人であると、関連した案件がある際には優先的に仕事を紹介してもらうことができます。

一般的なライティングスキルだけでなく、自分だけの得意分野を作っておくと、他のライターとの差別化を図りやすくなるでしょう。