テレビ局にはどんな職種がある?

アナウンサー

 

テレビ局には、他の企業にはない特有の職種があります。

世間によく知られているのは「アナウンサー」でしょう。

テレビをつければ、毎日ニュース番組で姿を見かけるのがアナウンサー。

スタジオで原稿を読んだり現地からリポーターとして中継したりするのが仕事です。

正しい発音と的確な言葉で視聴者に情報を伝えることを使命としています。

アナウンサーは学生の憧れの職業のひとつで、就職試験の倍率が非常に高いことで知られています。

テレビ局の看板アナウンサーとなるような人気アナの場合、いずれは独立してフリーのアナとして活躍することも珍しくありません。

ディレクター

 

この他にも、テレビ局特有の職種として有名なのが「ディレクター」です。

ディレクターというのは番組制作における監督のような存在です。

企画から取材や撮影、編集、台本作成まで全ての業務に携わり、他のスタッフに対して指示を出します。

ディレクターは将来的に、さらに総合的な監督の役割を果たす「プロデューサー」にキャリアアップすることがあります。

プロデューサーは、番組予算の振り分けや他部署と業務の調整、人事など、番組制作以外の部分でも指揮をとります。

記者

 

テレビ局には「記者」として働く人もいます。

テレビ局の記者は、新聞記者と同じように、災害や事件事故などの世の中の出来事を取材して情報を発信します。

新聞記者と違うのは、テレビの場合は映像を伴うこと。

ニュース番組では記者が現場から報告する機会も多いので、取材力だけではなく表現力も求められる職種です。

カメラマン

 

映像の撮影のプロフェッショナルなのが「カメラマン」です。

アナウンサーやディレクター、記者と一緒に現場に向かい、必要な映像を収録します。

機材が多いので、カメラマンが撮影する際には三脚を用意したり音声を収録したりするアシスタントがつくことが多いです。

このアシスタントは社員ではなくアルバイトや外部スタッフが行う傾向にあります。

編集マン

 

「ディレクター」や「記者」や「カメラマン」が取材して撮影してきた映像は、局内で映像編集の担当者に託されます。

これが、「編集」「編集マン」などと呼ばれる職種の人たちです。

映像のデータを編集機に取り込み、必要なシーンをつないだり、文字情報であるテロップを入れたりしています。

最近では編集機の性能が格段にアップして、より簡単に映像を加工することもできるようになりました。

芸術的なセンスが必要な仕事ではありますが、ディレクターや記者の意図を理解する能力や、視聴者に寄り添える想像力が問われる職種でもあります。

一日中編集機の前に座って映像を見て過ごすことが多いので、目や腰の痛みに悩まされる人も多いようです。

編成

 

「編集」と名前は似ていますが、仕事内容が違う「編成」という職種もあります。

編成は、番組を放送するためのタイムテーブルを考えたり、予定通りに番組を放送するためのサポートをしたりするのが主な仕事です。

たとえば、視聴率をアップさせるために、どの時間帯にどんな番組を放送すべきか視聴率グラフを見ながら分析する。

その分析をもとに番組改変期に新しい放送時間を提案する、というのが仕事です。

また、スポーツの試合や政治家の記者会見を中継する際は、内容次第で放送の終了時間が流動的になることが珍しくありません。

このときに、何時何分に生放送を終了し、次の番組までどのような番組やCMでつなぐのかを決めるという仕事もあります。

編成担当者は頭脳派が多く、分析が得意で緻密な計画を練ることが好きな人に向いている職種だといわれています。