信用金庫にはどんな職種がある?

窓口系の職種

信用金庫にはさまざまな職種がありますが、最も代表的といえるのは窓口系の職種です。

支店に来店したお客さまに応対し、お金の入金や出金、税金支払などの各種手続きを行います。

信用金庫の窓口係は、銀行と比べて配置されている人数が少なく、少数精鋭であるケースが一般的です。

投資信託や国債などの運用商品、生命保険、損害保険なども扱わなければならないため、オールマイティな知識とスキルが求められます。

また、基本的にコンピュータを操作しながらの接客となりますので、複数の作業を同時並行でこなす頭の回転も重要になります。

窓口係は、お客さまと直接ふれあうことになる「信用金庫の顔」であり、非常に重要なポジションです。

各支店には、窓口係のほかにも、窓口の前のフロアに立ち、お客さまを誘導する案内係や、窓口係の後方に待機し、「現バス」と呼ばれる機械を操作してお金を用意したりする事務処理係も働いています。

営業系の職種

信用金庫の営業マンは、一般的に「渉外係」と呼ばれます。

渉外係は、お客さまの自宅や店舗、オフィスなどを一件一件まわり、預金や出金手続きを代行したり、金融商品を提案・販売したり、資金繰りの相談に乗ったりすることが仕事です。

担当者ごとに営業エリアが狭く区切られており、自転車や原付バイク、軽自動車などに乗って、朝から夕方まで、細かく顧客をまわり続けます。

信用金庫の強みである「地域密着型のサービス」をお客さまに提供するには、この渉外係の働きが欠かせません。

渉外係には、金融に関する知識はもちろん、その町の歴史や文化に関する知識、さまざまなお客さまと信頼関係を構築していく高いコミュニケーションスキルが必要です。

融資系の職種

融資系の職種としては、各支店でお客さまからの問合せや書類受付に応じる相談係や、本店で融資判断を行う審査係などがあります。

貸付を希望するお客さまに対して、資金使途(何に使うのか)や返済原資(どうやって返すのか)、借入期間、担保の有無などをヒアリングし、決算書類などを取りまとめて、お金を貸すかどうかを検討します。

業務そのものは銀行と同じですが、銀行はあくまで民間の株式会社であるため、自社の利益を優先して融資判断を行います。

これに対し、信用金庫は「相互扶助」を原則とした非営利法人ですので、地域の共生のために必要だと判断すれば、回収できる見込みの低い、倒産しかかっている企業や個人事業主に融資することもあります。

地域の繁栄という広い視野に立って、本当に苦しんでいる人々をサポートしていくことが、信用金庫の融資業務の目的です。

一般的な職種

信用金庫には、メーカーや商社などの一般企業と同じ職種も複数あります。

その大半は支店ではなく本店の勤務となり、人事や総務経理、財務、広報といった、組織運営のための不可欠な業務を担います。

また、近年増加傾向にある職種は、「企画系」と「技術系」です。

企画系は、ほかの信用金庫にはないオリジナリティを生み出す役割をにない、新しい金融商品などを企画します。

技術系は、オンラインシステムを維持管理するため、今や、どこの信用金庫でも必須の存在となっています。