信用金庫に特有の職種

窓口業務の担当者

信用金庫の社員は、さまざまな職種に分かれて働いています。

最も基本的な仕事となるのは、店舗の窓口でお客様の対応をする窓口担当者でしょう。

信用金庫の顔として、預金や出金、振り込みなどお金に関するさまざまな業務を執り行います。

金銭の数え間違いや書類の記入ミスが大きなトラブルになるので、几帳面で慎重な性格の人の方が向いている職種です。

また、窓口業務の裏側で書類の受け取りや処理などの事務的な作業を行っている事務担当の社員もいます。

どちらの職種も「一般職」という現場でのエキスパートとして採用される社員が多く活躍しているのが特徴です。

営業の担当者

信用金庫には、営業マンとして働いている人もいます。

取引先となる中小企業の経営者や個人事業主のもとを自動車やバイクで駆け回り、経営の相談に乗りながら金銭的なサポートができないか提案をするのが仕事です。

信用金庫の場合は地域密着型の営業スタイルとなるので、その町の歴史やしきたり、行事、人間関係などを幅広く把握しておくことが信頼関係を築くための重要なカギとなります。

信頼を勝ち取ることができれば良き相談役として頼られることになり、営業マンとしての実績にも繋がっていきます。

融資の担当者

信用金庫ならではの職種としては、融資の担当として働いている人もいます。

融資の担当者は中小企業や個人商店が資金を必要とするときに融資を行うことが可能なのかどうかを見極める役割を担います。

大口のお金を扱うことになるので、先方の経営状態をチェックしたり将来性を分析したりしながら、お互いにとってリスクのない範囲内での融資額を見極めることが大切です。

ときには相手の要望に沿えないこともありますが、融資のおかげで新しい事業が始められたり事務所を移転したりできることも多く、やりがいを感じられる仕事でもあります。

信用金庫には以上のようなお金を扱う業務以外にも、「人事」や「企画」「広報」などを担当している社員もいます。