繊維メーカー社員に特有の職種

繊維メーカーでは、じつに多種多様な職種の人たちが活躍しています。

企業によって職種名などに若干の違いはありますが、繊維メーカーでの仕事内容は大きく「技術系」と「事務系」に分けることができます。

ここではそれぞれについて紹介していきます。

技術系の職種

研究

新しい素材を生み出すための基礎研究や、応用研究に携わります。

お客さまの多様なオーダーに応える研究開発を行いながら、まだ世にない素材を生み出していきます。

開発

お客さまの要望を拾い上げた営業などからの依頼を受け、製品の試作と開発を行います。

また、研究開発した製品を、実際に販売する商品にするための生産化技術を検討します。

生産

製品を生産するために用いる設備の設計や保全などに携わります。

より効率的な生産と安全性を確保したうえで、図面を作成し、工事・機器の発注、工事の工程管理、現場監督などを行います。

品質管理

品質の目標を定めたうえで、製品がその目標をクリアしているかどうか測定、評価します。また、品質基準を守れるような取り組みを考えます。

事務系の職種

営業

新規のお客さまの獲得や、既存のお客さまとは引き続き関係を築いていけるように動きます。海外の顧客を対象とすることもあります。

繊維といっても種類はさまざまであり、用途もアパレルで使用される糸や人工皮革、建築業界で利用されている住宅用の断熱材、自動車の内装など、多岐にわたります。

営業は、お客さまのニーズや課題をヒアリングしたうえで、それに応えるものを提案します。専門的な内容となることも多いため、研究部門や開発部門との連携が欠かせません。

管理

経理・財務、人事、総務、法務といった職種で、企業経営を裏方として支えていきます。また、従業員が働きやすい環境づくりにも取り組みます。