税理士の求人・採用募集状況

おもな就職先の種類

税理士を積極的に採用している場は、大きく分けると3つあります。

ひとつめは、会計事務所や税理士法人です。

ここは「会計のプロフェッショナル」である公認会計士や税理士が集まって働く組織であり、税理士は顧客からの依頼に応じて税務書類の作成や税の申告代行を行います。

全国各地にこういった組織はありますが、なかでも有名なのは「BIG4」と呼ばれる4つの大手税理士法人(KPMG、PwC、デロイト トーマツ、EY)です。

大手税理士法人は給料水準も高く、就職試験では厳しい競争が繰り広げられます。

もうひとつは、コンサルティング専門の企業です。

ここでは、税理士ならではの専門知識を発揮して、クライアント企業に節税対策や予算の組み方の指導をすることで、企業経営をサポートします。

さらに、一般企業の経理部や財務部でも税理士の有資格者を積極的に採用する場合があります。

ここでは、自社の予算や決算に関わっていくことになります。

採用募集状況は厳しい

専門性の高い税理士ですが、採用募集状況に関しては、近年なかなか厳しい状況に陥っています。

いま、日本では不況やグローバル経済の波にのまれて廃業する中小企業が増えています。

中小企業が減っていくことは、同時に税理士にとっての顧客が減っていくということです。

連鎖的に税理士の商売も厳しい状況に追い込まれるため、新しい人を採用する余裕がないという税理士事務所も増えているようです。

税理士を目指す人は増えている

一方で、税理士の求人に応募する人は増えています。

ここ数年で、公認会計士の就職難が社会的な問題になり、公認会計士として仕事に就けなかった人が税理士として働き始めるケースが増えています。

さらに税理士の場合、一般的なサラリーマンが定年する年齢になってからも働き続ける人が多く、当分の間、税理士の数は減っていく見込みはありません。

「採用が少ないのに応募が多い」というのが税理士業界の現状です。

税理士を目指すのであれば、「資格を取ったら安心」ではなく、資格を取った後にも厳しい競争が待ち構えているということを覚悟して、この道を志す必要があるといえるでしょう。