税理士の需要と必要性

税務・会計のプロフェッショナル

税理士は、税務や会計のプロフェッショナルとして、多方面での活躍が期待できる職業です。

納税は国民の義務であり、もし脱税をすれば処罰の対象となってしまいますし、たとえそこまでいかなくても、正しく税金が納められないことは国の発展にも影響しかねません。

人々が正しく税を納めるために、税理士は個人や法人の顧客に対して適切にアドバイスを行っていきます。

納税のアドバイスや申告書の作成といった実務は、税理士の基本的な業務であり、つねに需要がある仕事です。

また、税務会計の知識を生かしたコンサルティング業務を通じて、企業の経営や成長、発展のサポートをすることも可能です。

事業を営むうえで税務や会計は避けられないことですが、そこでは専門的な知識が求めらたり煩雑な手続きも多いため、税理士に仕事を任せたいと考える経営者らは多くいます。

独占業務が強みに

税理士の大きな強みであるといえるのが、税理士には「独占業務」があることです。

「税務書類の作成」「税務代理」「税務相談」の3つの業務は、税理士だけが行えることであり、これらの案件については、必然的に税理士に依頼が舞い込みます。

加えて、税理士は、税務や会計の専門知識が求められるさまざまな仕事を任されます。

たとえば、グローバル化が進んでいる現代では海外に進出している日本企業や、海外から日本に進出する海外企業もも増えており、税理士が日本の税制と海外の税制の橋渡し的な役目を担うこともあります。

また、事業継承や資産税のコンサルティングや、企業の株式公開の支援業務、M&Aコンサルティングなど、高い専門性が求められる案件が発生した場合にも、税理士が必要とされています。

得意分野はさまざま

ひとくちに税理士といっても、上記で挙げてきたように、税理士がカバーする業務範囲は多岐にわたるため、人によって得意分野が異なることも多いようです。

最近では、顧客のさまざまなニーズに対応するために、複数の税理士が税理士法人を立ち上げたり、特定の専門分野に特化した質の高いサービスを提供する税理士法人も増えています。

税理士の競争は厳しくなっているといわれますが、自分の得意分野や強みをよく理解したうえで、その時代時代に顧客が求めるサービスを適切に提供できる税理士は大きく活躍しています。