Webデザイナーの一日

Webデザイナーの一日はデザイナーの所属先や仕事のスタイルによって大きく個性が出る部分です。

今回はWebスタジオや製作会社に勤める社員の一日を例にとって見ていきましょう。

9:30 出社

まずはメールをチェック、自分の作業内容などを確認します。

10:00〜11:00 全体ミーティング

会社の場合は案件が数個併行して行われていることがあり、現在の仕事の進捗条項などがここで確認されます。

全体ミーティングの後は、チームごとのミーティングが行なわれます。

同じサイトを担当するディレクターやプログラマー、デザイナーと仕事の進捗状況・本日の作業予定などをチームで確認いたします。

ミーティングは非常に大事な作業です、大きなサイトの場合は連絡と確認の作業の徹底が仕事を間違いない方向に進めます。

11:00〜12:00 作業および資料の準備

ミーティング内容に基づき作業開始です。

午前の作業内容は主にミーティングの長さによって左右されます。

午後にクライアントと面会する場合はその資料整理や用意にこの時間が使われることもあります

12:00〜13:00 ランチ

基本的にランチタイムはフリータイムですが、チームごとにミーティングを兼ねて行う会社もあります。

AMにミーティングを行わず、ランチの雰囲気を利用してのミーティングで、活発な意見交換を行う会社もあるようです

13:00〜14:00 依頼先のクライアントとのミーティング

デザイナーの仕事は基本的にはWebサイトのデザインやイメージの作成になりますが、クライアントとのミーティングも大事な仕事です。

ディレクターに帯同してクライアントとのミーティングに参加することもあります。

新規案件のデザインプラン提案や確認、すでに稼動しているサイトの更新や新しいコンテンツの提案などに直接依頼者の直接の要望を聞くことでより正確にサイトのデザインに反映させることができます。

14:00〜14:30 既存の案件の修正

既に稼動しているサイトの更新や修正、アップデートなどの作業です。基本的に運営には専用の担当者があたりますが、追加されるコンテンツなどのページデザインを行います。

14:30〜17:00新規の案件の作成

新たに作られているサイトの制作です。

ディレクターの作った予定の〆きりにあわせて作業を進めなくてはなりません。

帰社時間を過ぎてでも、その日のうちに仕上げなければならないことは多々あります。

17:30〜 連絡事項の確認と帰社準備

本日行った作業内容などについて、ディレクターならびにチームメイトの報告を行います。

明日以降も続く作業の進捗をこの報告にてディレクターは把握し、スケジュールの調整を行います。

その他連絡事項をチームに連絡し帰社となります。

デザイナーに空き時間はない

その日の作業が少ない、もしくはない日でもデザイナーは何もしなくてよいわけではありません。

このような時間こそが一番デザイナーの成長に必要な時間で、今後作られるだろうサイトのデザインのプロトタイプや、新技術導入のテスト、素材などの確保やストックの追加・整理などやることはたくさんあります。

上記はとある一日の例になりますが、日によっては一日中机に座りひたすら作業をする日が続くこともあります。

仕事体験談