WebデザイナーとWebプログラマーの違い

Webプログラマーとは

Webプログラマーは、プログラミング言語を用いて、Webサイトのシステムを開発する仕事です。もっと単純に「プログラマー」と呼ばれることもあります。

Webプログラマーが開発するシステムは、一般の人にも馴染み深いインターネットショッピングのサイトから、ブログサービス、あるいはデータベースを使うシステムなど多岐にわたっており、Java、Perl、PHP、RubyなどのWebプログラミング言語と、Webページを表示するHTML・CSSなどを組み合わせ、システムを組み上げていきます。

なお、Webプログラマーが開発を行う際は、システムエンジニアがクライアントと打ち合わせを重ね、設計した「仕様書」に沿って作業を進めます。

プログラマーの仕事内容

Webデザイナーはページのデザインが中心

一方、Webデザイナーの場合は、Webページのデザイン作業や、「コーディング」という作業をすることがおもな役目となっています。

クライアントの依頼に基づくデザインを考え、そのデザインを実現するためのHTMLやCSSを組むことは日常的に行っていきますが、Webプログラマーのように各種プログラミング言語を扱って複雑なシステムを組むところまでは基本的にやりません。

しかし、現場では両者を兼務している人もいます。

この業界において、デザインもできてプログラミング言語までしっかりと扱えるというのはかなりの強みであり、両方のスキルを持っていれば、業務の幅はだいぶ広がるといえます。

なお、日常的にWebプログラマーと仕事を分業しているWebデザイナーであっても、JavaScriptやjQueryのスキルについては持ちあわせておくべきという意見はよく聞かれるところです。

仕事体験談