WebディレクターとWebデザイナーの違い

それぞれの主な仕事とは

WebディレクターとWebデザイナーの大きな違いはその役割です。

一言で言えば、Webディレクターは指示を出して全体を管理する役割を、Webデザイナーはそれを元に実際にデザインをつくる役割を担います。

それぞれの特徴をわかりやすく箇条書きで比較してみましょう。

Webディレクターの主な仕事

・クライアントとの打ち合わせ&トータルでの提案
・予算出し、スケジュール管理
・マーケティングとの連携
・Webサイトの収益計算、コンサルティング
・Webデザイナーから上がってきたカンプのチェック
・制作現場の監督、各部門への指示だし、チェック
・担当したWebサイトの運用や管理

Webデザイナーの主な仕事

・Webディレクター(時にクライアントとも)との打ち合わせ&デザインの提案
・LP(ランディングページ)のデザイン&カンプ出し
・コーダーへの指示出し(簡単なものなら自分でコーディング)
・最終チェック

デザイナーはあくまでデザイン面中心の仕事に関わり、対してWebディレクターはサイト制作のための全工程の仕事に関わることとなり、当然仕事の量も幅もデザイナーよりは多くなります。

それぞれに必要なスキルとは

次にそれぞれの職種に必要なスキルを見てみましょう。

Webディレクターに必要なスキル

・Webの全般的な知識
・マーケティングスキル
・プロモーションスキル
・コミュニケーションスキル
・プレゼンスキル
・スケジュール管理能力

Webデザイナーに必要なスキル

・HTML、CSS、JaveScriptなどの知識
・Dreameaverなどのソフトの操作
・デザインの知識

Webディレクターは、デザインを得意とする人や、マーケティングを得意とする人など、人によってさまざまですが、いずれもWebに関する全般的な知識を持っています。

WebディレクターとWebデザイナーの異なる点

上記で見てもわかる通り、まず担当仕事の幅が大きく異なります。

それぞれが担当する仕事の幅はプロジェクトごとに多少異なりますが、Webサイトのラフ&デザインと主に制作面を担当するWebデザイナーに対し、Webディレクターはクライアントとの打ち合わせから制作現場への指示出し、最終チェック、納品、アフターケアと最初から最後まで全工程を担当することになります。

似ているようで、その役割は大きく異なるといえるでしょう。

Webデザイナー出身のWebディレクターは多い

Webデザイナーには「そのままデザイナーとしての道を極める」のと、「ディレクターになって仕事の幅を広げる」のと2通りの道があります。

どちらを選ぶかはその人の資質や考え次第ですが、だいたい約半数以上がWebディレクターへのスキルアップをはかります。

Webデザイナーとして数年経験を積み、自他ともにその実績を認められるようになったところで、次のステップとしてWebディレクターへの道を歩む人が多いようです。