セラピストになるには

スクールに通って技術を修得

セラピストになるには、技術を学ぶためにスクールなどに通う方法と勤めてから店舗独自の研修で必要スキルを学ぶ方法があります。どちらでもセラピストになることは可能ですが、スクールに通うほうが幅広い知識や技術を学べるという利点があります。

また、スクールによっては独立開業を目指すコースなど、将来的な展開を見据えたクラスを持つものもあります。

アロマテラピストになるには

アロマテラピストになるには、認定校や通信講座、サロン運営のスクールなどでアロマテラピーの基礎と技術を勉強することが望ましいと言われています。

アロマテラピーで使用する精油の中には、妊婦や特定疾患者への使用を禁じるものがあり、専門的な知識を持つことが求められます。そのため、アロマテラピストに関しては、基礎知識の勉強をしている証明としても、スクールや通信講座などで基礎を勉強するほうが良いでしょう。

臨床心理士になるには

学校や病院などで心理カウンセラー、心理セラピストとして働く人たちは、本来は「臨床心理士」と言います。臨床心理士には、医師の指導の下で患者に対して精神療法を行うことが認められています。臨床心理士は精神療法のスペシャリストです。

臨床心理士になるためには心理学を専門的に学び、財団法人日本臨床心理士資格認定協会の資格試験に合格することが必要です。この試験に合格するためには以下の資格のいずれかを満たさなければなりません。

一般的な道として言われるのは、心理学科のある大学を卒業して大学院まで進むことです。これによって心理療法士の受験資格を満たすことができます。

<主な受験資格>
●指定大学院(1種・2種)を修了した者
●臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者
●諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴および必要な心理臨床経験2年以上を有する者
●医師免許取得者で、必要な心理臨床経験2年以上を有する者  など
臨床心理士になるには

その他の心理セラピスト

臨床心理士以外の心理セラピストは、基本的には民間団体の講座や提携校で勉強することで技術を学ぶことができます。ただ、これらの学校では技術は教えるものの、卒業後のフォローはあまりありません。

技術習得後の活動の場は自分で見つけていくことが前提です。