セラピストになるための学校

ボディ系のセラピストになるための学校

ボディ系のセラピストになるための学校は各種さまざまなものがあります。大半は民間団体が独自に開設しているスクールで、スクールでは施術における技術や知識を学びます。学校に通う期間は週1〜2回のスクーリングで、数ヶ月〜1年とさまざまです。

また、近年ではスクールが増えたことから、教える技術にも幅が見られるようになりました。中には早期資格習得をうたって、中途半端な技術を教えるスクールもあるので要注意です。

ボディ系セラピストは人体の基礎知識や体の免疫機能の知識、アロマテラピーを利用するなら精油やハーブティーの知識というように幅広い知識が必要となるため、しっかりとしたカリキュラムを組むスクールに通うことが望ましいと言われています。

なお、スクールによっては技術向上、上位資格習得のため、海外留学制度を設けているところもあります。

心理系セラピストになるための学校

心理系セラピストになるための学校は、心理カウンセラー養成学校(学院)として数多くのスクールが設立されています。これらの学校は、基本的には民間団体が独自に開設しているスクールで、スクールでは心理学の基礎や応用、演習、実習などを学びます。

学校に通う期間は週1〜2回のスクーリングで、数ヶ月〜1年以上と、目指す分野によってさまざまです。

心理セラピストの養成学校はスクールによって用いる技法がさまざまです。一般的なカウンセリングの他、アートセラピー、インナーチャイルドセラピー、音楽セラピー、箱庭セラピーなど、さまざまなものがあります。

スクールやコースによって勉強できる内容が違うため、心理セラピストを目指す場合は、複数の学校の中から選ぶようにしたほうが良いでしょう。

メンタル系セラピスト、エネルギー系セラピストの学校

セラピストの中には、メンタル系やエネルギー系の施術を得意とする人たちもいます。こういったセラピストの多くは資格発行団体の養成講座を受講することで技術を学びます。

メンタル系やエネルギー系の技術は提唱者によって、さまざまな技法、手法があります。また、中には海外の講師を招いているものもあります。

臨床心理士になるための学校

臨床心理士は数ある心理セラピストの資格の中で、公的にも活用できる最上位資格です。臨床心理士の資格を取ると、病院や学校、企業などに心理カウンセラーとして常駐することができます。

また、臨床心理士には唯一、医師の指導の下で患者に対して精神療法を行うことが認められています。

臨床心理士になるためには。四年制大学の心理学科を卒業した後、大学院で心理学を専攻し、臨床心理士資格認定試験に合格する必要があります。

また、諸外国で大学院と同等以上の教育歴、および必要な心理臨床経験を2年以上持っている人、医師免許取得者で必要な心理臨床経験を2年以上持つ人にも同試験の受験資格が与えられます。

臨床心理士の仕事

短期間の養成講座

ボディ系、メンタル系、エネルギー系他、幾つかのセラピーでは、数時間〜数日の技術講習を受けるだけで良いとうたうものがあります。しかし、こういった養成講座の場合、技術の習得が不十分なケースが多く見られ、実際現場に出た時には役に立たないことが多々あります。