システムエンジニアへの転職

システムエンジニアの需要は大きい

開発現場において要件定義、設計、開発、運用などをトータルで担当することができるシステムエンジニアの需要は、IT業界のなかでもとりわけ大きなものとなっています。

ひとくちに「システム」といってもさまざまな分野がありますが、とくに業務系、インフラ系、セキュリティ系の領域は需要があるといわれ、多様な企業が求人を出しています。

しかしながら、ここ数年は全体としてシステムエンジニアの求人数が伸びるとともに、より高度なスキルレベルを持った人材を求める企業も増えているといわれています。

したがって、誰もが簡単にシステムエンジニアへ転職できるとは限りません。

たとえ前職がシステムエンジニアでなくても、IT業界での豊富な経験、とくに技術者としてキャリアを積んできた人のほうが優先的に採用されやすいことは確かなようです。

未経験でもシステムエンジニアになれる?

しかしながら、未経験者でもシステムエンジニアへ転職することは不可能ではありません。

柔軟な感性や気力、体力が求められるIT業界では、若い人材を欲する傾向も強く、20代前半であればまったく別の業界や職業からシステムエンジニアへ転身することも可能です。

仕事に対する熱意と勉強する意欲さえあれば、未経験者でも関係なく採用し、自社で一から勉強できる体制を整えている企業もあります。

年齢が上がるほど、未経験者の場合システムエンジニアの転職は難しくなるといわれますが、本気でやる熱意を示せば可能性はゼロではありません。

ただし、この仕事では最初の数年間は下っ端のような形で先輩につき、現場経験を積む覚悟も必要です。

しかるべき経験を積まずに難易度の高いプロジェクトに参画したり、マネジメントを任されたりする存在になるのは難しく、キャリアが浅いうちは給料も低いものになりがちです。

転職する際には、そうした点もよく考えておいたほうがよいでしょう。

仕事体験談