スポーツトレーナーの求人・採用募集状況

アメリカではスポーツトレーナーの働き場所が多い

スポーツ大国のアメリカでは、MLB(野球)やNBA(バスケット)、NFL(アメリカンフットボール)といったプロスポーツはもちろん、大学や高校、さらには地域スポーツの現場にもアスレティックトレーナーが存在しています。

少年野球や少年サッカーのクラブにも、メディカル担当のトレーナーがついています。アスレティックトレーナーの社会的地位の向上に伴い、病院や企業、高齢者施設などでもスポーツトレーナーの雇用が進んでいます。

日本では専属契約できる人は限られている

それに比べ日本では、スポーツトレーナーとしての働き口は、それほど広くありません。プロチームでもあっても契約する人数が限られており、専属契約の公募はほとんどありません。

欠員ができても、ほとんどが人脈によって補充されます。たまたま公募があっても、経験豊富なベテランの応募が殺到し、若い人が入りこむ余地はほとんどないのが現状です。

まずはスポーツジムや整体院などで経験を積む

現在、スポーツトレーナーを募集しているのは、スポーツジムやフィットネスクラブ、整骨院などが中心です。また、一般人を対象とした活動が主体となり、必ずしもスポーツ選手の担当になれるとは限りません。

しかし、現状としては、街のスポーツジムや整骨院などに勤務し、まずは経験と実績を積むというのが最も一般的なルートです。通ってくる高校生や大学生、スポーツ選手らの評判が上がれば、顧客や人脈がどんどん広がっていきます。

また、所属のスポーツジムや整体院から派遣され高校や大学のチームを担当して、好成績を上げれば、スポーツトレーナーとしての評価も高まります。そのうえで、うまく人脈を利用していけば、自然と道が開けていくものです。

自分の腕を磨き、人脈を築いておくことが重要

スポーツのチームや選手は、少しでも優れたトレーナーを求めています。スポーツトレーナーとして独立するためには、何より経験を積み、新たな理論を勉強して自分自身の腕を上げることが必要になります。

また、スポーツトレーナーの募集は、ほとんどが口コミや人間関係です。ふだんから、トレーナー同士や指導者との人間関係を築いておくことも大切です。