ソーシャルワーカーの仕事内容、役割

ソーシャルワーカーとは何か

ソーシャルワーカーとは、病気やけが、あるいは高齢や障害などを抱える人やその家族に対し、日常生活を送るうえでのさまざまな不安や困りごとに対する支援(ソーシャルワーク)を行う仕事です。

医師や看護師といった直接治療に関わる人とは異なる立場から、相談者に対してのアドバイスや指導を行ったりすることで、早期の社会復帰や社会参加等を支援していきます。

なお、ソーシャルワーカーという名称は、もともと社会福祉事業に携わる人の総称として使われていましたが、現在では国家資格である「社会福祉士」、またときには「精神保健福祉士」の資格を持つ人のことをこう呼ぶことが多くなっています。

実際、ソーシャルワーカーという広義の職種名で仕事をしている人はあまり多くなく、

・公立の施設において同様の業務にあたる人のことは「ケースワーカー」
・社会福祉施設であれば「生活相談員」
・児童福祉施設では「児童指導員」

などと呼ぶことも多くなっています。

ソーシャルワーカーの活躍の場

ソーシャルワーカーは、高齢者福祉施設や障害者福祉施設のほか、病院などの医療機関、学校などの教育機関、行政機関、さらには民間企業などまで多様な場所で活躍しており、施設によって子どもから高齢者まであらゆる人を支援します。

勤める施設ごとに専門的な知識や経験が求められますが、ソーシャルワーカーは福祉や医療サービスに関わるさまざまな人と連携をとりながら仕事を進めていきます。

たとえば、作業療法士、理学療法士、介護福祉士などの福祉サービス関係者、あるいは病院の場合は医師や看護師、リハビリテーションのスタッフ等と調整を図りながら、相談者それぞれの事情に合った福祉サービスを提案します。

いずれの職場においても、各領域の専門家と密に連絡をとりながら、地域に暮らす人々の相談援助をすることが、ソーシャルワーカーの基本業務となっています。