ソーシャルワーカーの就職、求人募集状況

介護施設での求人が多め

社会福祉の知識を持ち、相談員として働くソーシャルワーカーは、福祉はもちろん医療や教育、行政など、さまざまな領域において必要とされている存在です。

しかしながら、求人ということを考えたとき、圧倒的に多いのは介護施設といわれています。

ソーシャルワーカーは基本的に「社会福祉士」の国家資格を持つ人のことをいいますが、社会福祉士は弁護士などのような独占業務ではないため、たとえ資格がなくても相談援助業務に携わることが可能です。

そのため、人材不足や人件費の問題などから介護職員が相談員を兼ねていたり、社会福祉士の資格を持っていても、実態としては過酷な介護の仕事を任されるというケースもあるようです。

とはいえ、やはり現場では専門知識を持っている人を求める傾向が強く、ソーシャルワークに携わりたい場合、「社会福祉士」の有資格者であることが受験資格に掲げられているケースも多いです。

ソーシャルワーカーとしての就職を希望するのであれば、まずは国家試験合格を目指すことが近道となるでしょう。

就職を成功させるために

最近では、病院などの医療機関や学校などの教育機関において、ソーシャルワークの求人数が少しずつ目立ち始めているようです。

これらの場で相談員として働く人は「医療ソーシャルワーカー」や「保健児童ソーシャルワーカー」といったように呼ばれ、福祉の専門家であることに加え、医療や教育など、それぞれの分野に関連した知識まで求められることがあります。

自分なりの強みを持っておくと、就職の際に有利になるかもしれません。

また、この仕事は実務経験が重視される面も大きいため、まずはどのような形であれ現場に入ってしまい、そこからステップアップすることもひとつの方法といえるでしょう。

もちろん、安定性を考えれば常勤や正規職員として働きたいものですが、非常勤でもソーシャルワーカーとしての経験を積めば、よい良い職場へ転職もしやすくなるはずです。

そのほか、自治体でも「社会福祉士」や「精神保健福祉士」の求人が出されることがありますが、基本的には人員不足になった際に不定期で募集されるため、こまめに情報をチェックしておくことが必要です。

仕事体験談