ソーシャルワーカーの資格

「社会福祉士」が代表的な資格

「ソーシャルワーカー」という言葉は世間でもよく使われていますが、実は、その定義は曖昧なものとなっています。

一昔前は、社会福祉事業に携わる人の総称として使用されることが一般的でしたが、現在では「社会福祉士」の国家資格を持ち、福祉の現場において、生活するうえで困っていることを抱える人々のサポートをする仕事に就く人を、ソーシャルワーカーと呼ぶことが増えています。

なお、社会福祉士は「名称独占資格」であるため、法的には資格がなければ働くことができないというわけではありません。

ただし、実際にはソーシャルワーカーが活躍する高齢者施設や障害者施設、病院などにおいて、社会福祉士の有資格者を採用条件とする職場も多くあります。

「精神保健福祉士」が活躍する場面も

ソーシャルワーカーはまた、活躍の場によって、さまざまな呼び方をされています。

たとえば、病院などの医療機関や保健所などの行政機関、また精神障害者施設等で、精神障害者に対して援助をするソーシャルワーカーは、しばしば「精神医学ソーシャルワーカー(Psychiatric Social Worker)」と呼ばれます。

こうした場所で勤務する場合、社会福祉士と同様に、国家資格である「精神保健福祉士」の有資格者であることを求められることがほとんどです。

まとめると、ソーシャルワーカーにとって資格は法的には絶対に必要とされるものではありませんが、実際の現場ではたいてい、社会福祉士あるいは精神保健福祉士いずれかの資格が求められているということです。

社会福祉士の仕事
精神保健福祉士の仕事

その他の資格

このほか、「社会福祉主事」という資格でも、ソーシャルワーカーとしての業務に携われることもあります。

しかしながら、社会福祉主事は国家資格とは異なる「任用資格」というものであり、社会福祉主事の資格要件を持っている人が、福祉事務所などで社会福祉主事の職に任命されたときに、はじめて社会福祉主事と名乗ることができます。

また社会福祉主事は、都道府県や市町村の福祉事務所などで、公務員として相談支援業務に携わります。

私立の医療機関や各施設で活躍するソーシャルワーカーとして働きたい場合には、先に挙げた2つの国家資格を得ているほうが、就職先の選択肢が広がるといえるでしょう。