ソーシャルワーカーになるには

社会福祉士の国家資格を受験する

ソーシャルワーカーとは、広義では社会福祉事業に携わる人の総称を指しますが、一般的には「社会福祉士」の国家資格を持って、その関連業務に携わる人のことをいいます。

社会福祉士は、介護福祉士とともに日本で初めて誕生した社会福祉専門職の国家資格であり、「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づいて、高齢や障害などによって福祉サービスを必要とする人に対しての支援を行います。

社会福祉士の資格を取るためには国家試験の受験が必須であり、この試験の受験資格を得る方法として、複数の道のりがあります。

最も代表的な方法のひとつは、福祉系の4年制大学あるいは4年制専門学校に通い、社会福祉士を養成するための課程で学ぶことです。

こうした学校で指定科目を履修すれば、卒業と同時に国家試験の受験資格を得ることができます。

そのほか、福祉系の短期大学や2年制や3年制の専門学校で指定科目を履修した場合も、その後、1~2年の相談援助実務経験を得ることで国家試験の受験資格が得られます。

また、福祉系の学校を卒業していない場合でも、相談援助実務経験を得るなど所定の条件を満たし、その後1~2年の社会福祉士養成課程で学べば、社会福祉士の国家試験への受験が可能となります。

社会福祉士になるには

ソーシャルワーカーの就職先

ソーシャルワーカーの就職先は、社会福祉施設をはじめ、医療機関や行政機関、学校、民間企業など多岐にわたります。

なお、「社会福祉士」はあくまでも法律上の名称であり、「ソーシャルワーカー」という名称で働く人自体もあまり多くはありません。

たとえば、

・公立の福祉事務所では「ケースワーカー」
・社会福祉施設では「生活相談員」
・児童養護施設では「児童指導員」
・医療機関では「医療ソーシャルワーカー(MSW)」

といった名称で呼ばれることが一般的です。

資格を得ただけで仕事ができるわけではなく、福祉事務所や公立の福祉施設に就職するためには、公務員試験に合格することが必要です。

また、民間企業や私立の私設に就職するためには各施設の採用試験を受けて合格する必要があります。

資格は絶対に必要?

なお、施設によっては必ずしも社会福祉士の資格が必要とされるわけではありませんが、最低でも「社会福祉主事」の資格が必要とされるケースは多いようです。

社会福祉主事の資格も、前述した福祉関連の学校で学ぶことで取得が可能です。