手話通訳士のやりがい・楽しさ・魅力

手話通訳士のやりがい・楽しさ

社会貢献度の高い仕事

手話通訳士は、聴覚障害者の積極的な社会進出に欠かせない存在です。

時代とともに手話通訳のスキルを持つ人材の需要は高まっており、働きながら社会に貢献している喜びが実感できるのは、この仕事ならではのやりがいといえるでしょう。

決して楽な仕事ではありませんが、「人の役に立ちたい」「困っている人を助けたい」という強い意志を持った人は、日々大きなやりがいを感じながら働くことができるはずです。

多くの人と触れ合える

障害者・健常者問わず、多くの人と関わりながら働けることも手話通訳士のやりがいです。

自分の手話通訳によってコミュニケーションがうまくいけば自分まで嬉しくなりますし、達成感を味わえます。

また直接人と接する分、相手の反応がわかりやすく「人の役に立っている」という実感を味わいやすいことも特徴です。

もちろん、ときには失敗してしまったり、自分の思うようにいかなかったりこともあるかもしれませんが、失敗を繰り返しながら前向きに仕事に取り組んでいくことで、多くの人々を支えることができる仕事です。

手話通訳士の仕事内容

手話通訳士の魅力

一生モノのスキルになる

手話通訳の仕事だけで生計を成り立たせるのは大変ですが、手話通訳は専門性の高いスキルなだけに、一度覚えれば自分の強みとして生かすことが可能です。

手話通訳士のニーズは非常に高く、正社員としての仕事は少ないものの、求人は常にあるといってもよいでしょう。

また結婚や出産をしても、資格を生かして仕事を続けることができます。

年齢を重ねても第一線で働くことができ、むしろ一定の年齢となり現場経験を積んだ人の方が重宝される場合もあります。

資格を取得しておけば、別の仕事をする中でも手話を使えるチャンスがあるかもしれませんし、街で出会った聴覚障害者の人を助けることもできるでしょう。

とくに介護や福祉の現場で働く場合は、手話通訳ができることがプラスに働くケースは多々あります。

世の中の手話通訳への注目度が高まる中、正しい知識とスキルを身に付けた人は、さまざまな場所で力を発揮することができるようになるでしょう。

活躍のチャンスが多い

手話通訳士として知識やスキルを身に付ければ、活躍のチャンスはより広がっていきます。

近年では行政や医療の場面でも手話通訳が求められており、とくに医療用語が必要な病院や、専門用語が多い裁判での手話通訳は、高いスキルと経験がある手話通訳士にしか勤められません。

さまざまな場所で働き、経験を積んでいくことでより働き方や働ける場所が広がっていくのも、この仕事の大きな魅力の1つでしょう。

自分自身も成長できる

手話通訳士は、講演会や研修会、大学の授業などで手話通訳を行う機会も多くあります。

もちろん手話通訳をしながらではありますが、そのような講演を聞き、著名な人と一緒に仕事ができることも大きな魅力です。

また専門的な内容を通訳する場合には、事前に勉強をしたり、ニュースや本を読んだりして一定以上内容を理解しておくことが求められます。

そのため知識や教養が自然と身につき、自分自身も成長できるのです。