市役所職員の学校(大学、学部)、学歴

やっぱり国立大出身じゃないとダメ?

「市役所職員の採用試験に強いのは、国公立大学法学部、もしくは、私立の中堅大学卒業生。これらのレベルまでいかない大学では合格は難しい」こんな話を耳にすることがあります。

たしかに、合格者全体に占めるいわゆる「いい大学出身者」の割合は高いようです。

しかし、いい大学出身者は、大学受験などで、勉強の仕方が身についている人が多いため、合格率が高いだけであって、出身大学が一流だから合格したわけではないといいます。

実際、現役の市役所職員の中には、有名大学以外の出身者も活躍しています。

したがって、採用試験に向けてまじめに勉強すれば、合格圏内に入れると考えてよさそうです。

それでは、あらためて市役所職員を目指すには、どういう進路を取ればいいのか、考えてみましょう。

市役所職員の採用試験の分類

市役所職員は、書類作成などをメイン業務にする「事務系」(一般行政職)、土木・建築・造園・化学などの専門的知識・技術が要求される「技術系」(技術職)に分かれます。

どちらの職員になるにせよ、地方公務員採用試験に合格しなければなりません。

多くの場合、採用試験は、試験の難易度別に「Ⅰ種」、「Ⅱ種」、「Ⅲ種」、もしくは「上級」、「中級」、「初級」のように分けて実施されます。

各々の試験区分の難易度は「大学卒業程度」、「短大卒業程度」、「高校卒業程度」になり、通常、学歴に関係なくどの試験も受けられます。

ただし、上級職の受験資格になると、学歴や特定の技術試験合格、職務にかかわる専門課程履修者、もしくは履修見込みの者などが入ることがあります。

事務系、技術系で有利な学部は

一般に、上級の事務系市役所職員を目指すのに有利な学部として、法学部、経済学部が挙げられます。採用試験の中で、法律、経済に関する出題が多数を占めるためです。

また、技術系職員は、各職種で専門知識や技術に基づく仕事を任されるので、それぞれの職務に関連した分野の学部に進学したほうがいいようです。

たとえば、土木・建築職は工学部、造園職は園芸学部、化学職は生物資源学部などが進学先の候補になります。

しかし、これらの学部に進んだとしても大学での学習内容と採用試験内容は異なるため、採用試験用の受験勉強をする必要があります。公務員専門学校に通う学生も少なくないようです。

大学の中には、公務員試験対策講座を開いて、公務員専門学校より安い料金で学生の受験指導を行ったり、学生が技術系公務員を狙うことを想定してカリキュラムを組んだりなど、積極的に学生の受験勉強をバックアップしているところもあります。