診療放射線技師のやりがい

よい画像が撮れたとき

診療放射線技師は、同じ医療職である医師や看護師に比べると、「縁の下の力持ち」といった要素が強い仕事といえるでしょう。

もちろん、レントゲン撮影やMRI検査で検査にいらっしゃる患者さんと直接コミュニケーションをとる機会はありますが、看護スタッフやリハビリスタッフなどと比較すれば、普段はあまり目立たないところで仕事をしています。

したがって、患者さんのために献身的に働きたいという思いが強い人には、どうしてもやりがいを感じにくいと思うかもしれません。

しかし、診療放射線技師ならではのやりがいもあります。

実際に働いている診療放射線技師がやりがいについて口にするのは、「よい写真が取れたとき」だそうです。ここでいう「写真」とは、検査で得られる画像ということです。

レントゲン撮影であってもMRIやCTなどでも、診療放射線技師のおもな役目は、医師に検査結果として画像を提供することにあります。

そこでは専門的な機械を使いこなす必要がありますが、人がやることだからこそ、技術力や撮り方によってきれいな画像にもなれば、病巣がつかめにくい画像にもなってしまいます。

医師が求めているような画像を作ることができ、さらに病名を自分なりにイメージしながらより医師がわかりやすい画像を撮影する努力が必要です。

それがうまくできれば、医師との連携もスムーズにとれるようになり、陰ながら患者さんの役に立っている実感が味わえるでしょう。

医療機器や技術の変化に対応する面白さ

放射線検査や治療で使われる機器は、日進月歩で改良されており、どんどん新しいものが登場してきます。

機械が変われば撮り方も変わってきますし、人によって同じものを撮影してもまったく違った印象の画像になります。

決められた業務をきちんとこなすことももちろん大切ですが、新しい知識や技術を積極的に学び、新たなスキルを身につけることも確かな結果を残せる喜びにつながります。

仕事の幅をぐっと広げ、診療放射線技師としての仕事にもっと自信をつけることができれば、この仕事ならではのやりがいが生まれてくるはずです。

とくに診療放射線技師は専門性の高い仕事であると同時に、特別な勉強をしてきた人にしかできない仕事です。

自分の努力次第でステップアップし、誇りを持って働けることも、診療放射線技師のやりがいのひとつです。