診療放射線技師の現状と将来性

医療職としての高い安定性と求人状況

医師や歯科医師以外で唯一放射線を扱うことのできる診療放射線技師は病院を中心に常に需要があります。

また、医療機器を製造する企業で開発や研究としても必要とされています。

以前の診療放射線技師の業務はレントゲン撮影が中心でしたが、検査機器の発達に伴い、MRIやCT、超音波エコーといった放射線を利用しない検査についても業務の範囲が広がっています。

また、血管や臓器を詳しく見えるようにする造影検査やラジオアイソトープ検査も重要性が高まっており、診療放射線技師の検査は医師の診断には不可欠となっています。

現在、この分野はまだ資格を持つ人が不足しているといわれています。

診療放射線技師は放射線を扱う病院や研究機関において常に大切な存在といえるのです。

とくに、最近求人で多く見られるのが女性の診療放射線技師の募集です。

行政の啓発活動のおかげもあって女性がマンモグラフィ検査を積極的に受けるようになってきました。

その結果、女性の検査をスムーズに行える女性技師の需要が増えています。

資格保有者の増加で将来性はどうなるか

一方で、近年、大学や専門学校で診療放射線技師の養成学校がある程度揃ってきた結果、今後は資格を持つ人が増えてくることが予想されます。就職活動も難しくなってくるかもしれません。

しかし、放射線関係の技術革新はつづいているので、しっかりとした知識とスキルを身につけていれば放射線のスペシャリストとしての需要は多々あることでしょう。

医師のニーズに合わせて仕事をするという業務なので日々勉強をしながら信頼を得ることで、より上の立場を目指すことが大切です。

医師と同じように画像を理解することができたり、あらゆる放射線に関する技術を身につけることで、高待遇での転職も期待できるようになります。