鍼灸師の1日

鍼灸師の1日の過ごし方は、勤務先や雇用形態等によって異なっています。ここでは、鍼灸師の代表的な活躍の場である鍼灸院にフルタイムで勤務する鍼灸師のある1日を紹介します。

街の鍼灸院に勤める鍼灸師のある1日

8:30 出勤

出勤すると、院長や他のスタッフに挨拶をし、白衣に着替えます。

その後、洗濯済みのシーツをベッドにかけて院内を掃除。治療に使用する道具がきちんと整っているかも確認します。

8:45 朝礼

院長や他のスタッフと一緒に、本日の予定を確認するなど簡単なミーティングを行います。

9:00 診療開始

朝一番の患者さんが来院されます。気分よく治療を受けてもらうために、まずは元気に「こんにちは!」と挨拶することが大切。

この診療院では基本的に予約診療を行っているため、患者さん一人ひとりとよくコミュニケーションをとり、体調や様子の変化をじっくりと確認しながら治療を行うように心がけています。

12:00 休憩

午前の治療がすべて終わると、昼休憩に入ります。治療中は神経を研ぎ澄ませているため、身体を伸ばしたり外の空気を吸って、気分転換します。

14:00 診療開始

午後も次々と患者さんが来院されます。一人あたりの治療は30分程度から、長い人だと2時間ほどかけることもあります。

16:30 訪問診療へ

週に2日は鍼灸院での治療を16時までとし、その後は訪問診療を行っています。

治療に使う道具を用意したら、車で患者さんのご自宅へ出発します。病気やケガで動けない人や、寝たきりのお年寄りなど、在宅で鍼灸治療を受けたいと話す人が増えつつあります。

19:00 鍼灸院へ戻り、片付け

1日の治療がすべて終了したら、鍼灸院に戻って道具を片付けたり、カルテを作成したりします。

とくに掃除と消毒は徹底。院内がきれいな状態に整ったら、院長たちと終礼を行い、カギを閉めて帰宅します。