男性の歯科衛生士

昔は女性だけが就ける職業だった

日本では、歯科医師以外のスタッフは全て女性で構成されているという歯科医院が多いですが、歯科衛生士は女性しかなれないのでしょうか。

歯科衛生士法の第二条には、

「『歯科衛生士』とは、厚生労働大臣の免許を受けて、歯科医師(歯科医業をなすことのできる医師を含む。以下同じ。)の直接の指導の下に、歯牙及び口腔の疾患の予防処置として次に掲げる行為を行うことを業とする女子をいう」

とあり、昔は、歯科衛生士という職業は女性だけがなれるものでした。

法改正により男性も歯科衛生士になれる

しかし、2002年に「看護婦」が「看護師」、「保健婦」が「保健師」と名称を変え、男性のナースも多く見られるようなりました。

歯科医師会や厚生労働省もその改正を受け、歯科衛生士法について見直されるようになり、今では、男性も歯科衛生士の仕事に就けるようになりました。

現状はまだ歯科衛生士法の文言はそのままですが、同法附則第2項に、男子も同法を準用すると規定されています。

そして、2012年に日本で初の男性歯科衛生士が登場し、平成24年6月現在では男性の歯科衛生士は43名にまで増えました。

男性の歯科衛生士のメリット・デメリット

男性でも歯科衛生士になれますが、女性と比較してメリットやデメリットはあるのでしょうか。給与などの待遇面では女性の歯科衛生士とほぼ同じです。

歯科衛生士の平均年収は、厚生労働省の「平成22年度 賃金構造基本統計調査」によると346万円です。

この統計データは、女性の歯科衛生士のみの平均年収ですが、男性の歯科衛生士だからといって、仕事内容はほとんど変わりませんから大幅に年収が上がるわけではありません。

したがって、この金額だけを見ると男性歯科衛生士が結婚して家族を養っていくには少々厳しいと考えられます。

しかし、女性の歯科衛生士の多くは結婚、出産を機に退職していくため、平均年収は新人も含め若年層の歯科衛生士が大半であると推測されます。

そのため、出産、産休、育休の必要がない男性歯科衛生士の場合、定期的な昇給や賞与が期待できるため、一概に平均年収だけをみて男性が歯科衛生士の仕事に就くには魅力がないとはいい切れません。

機材や薬剤の持ち運びなど医療現場では力仕事も多いため、男性のスタッフは重宝されますし、中には女性の歯科衛生士は苦手だという患者さんもおられます。

このように、男性の歯科衛生士には一定のニーズもあるので、歯科衛生士は女性しかなれない職業なのだと思い込んで諦めてしまわずに、男性の歯科衛生士の活躍についてリサーチしてみるとよいでしょう。

仕事体験談