精神保健福祉士と臨床心理士の違い

精神保健福祉士と臨床心理士は、どちらも「人の心の問題」にアプローチしていく専門職です。

そのため、両者の役割や活動領域は重なるところもありますが、ここでは、それぞれの仕事の特徴や違いについて見ていきましょう。

臨床心理士とは

臨床心理士は、心の問題を抱えたクライアントに対し、さまざまな臨床心理的技法を用いて問題解決のサポートをする仕事です。

クライアントとのカウンセリングを通して相手の話を理解・共感しながら、あくまでもクライアント自身が頭の考えを整理し、自分で問題を解決していくための手助けを行います。

臨床心理士にとってクライアントとなるのは、子どもや学生から、働き盛りの人、主婦、そして高齢者まで幅広いものとなっています。

ストレスが多く、心の問題を抱える人が増えているとされる現代社会において、臨床心理士が求められる場はますます広がっています。

臨床心理士の仕事内容

両者の違いについて

ここからは、精神保健福祉士と臨床心理士の具体的な違いをまとめてみます。

資格

精神保健福祉士が国家資格であるのに対し、臨床心理士は民間資格です。

現状、心理カウンセリング系の資格で国家資格は存在しませんが、臨床心理士は、数ある民間資格のなかで最も難易度が高く、権威あるものと認められています。

精神保健福祉士の国家資格を得るには所定の大学を卒業するルートのほか、短大や専門学校、あるいは実務経験を積むルートなど複数ありますが、臨床心理士になるためには所定の大学院を修了しなくてはなりません。

また、精神保健福祉士の資格は更新が必要ありませんが、臨床心理士は5年後との更新が必要です。

活動領域

精神保健福祉士が対象とするのは、基本的に精神障害を持つ人となります。

そのため、活動領域は医療領域と福祉領域が中心となります。就職先としては、精神病院や精神科を置く病院、保健所、保健センターなどの行政機関などが主となります。

一方、臨床心理士は精神障害者でない人とも多く関わります。医療や福祉領域だけでなく、教育、司法、産業といった多岐にわたる領域で活躍しています。

役割

精神保健福祉士は、精神障害を持つ患者さんが社会復帰をするための最適な方法を、患者さんやその家族と二人三脚で考えていきます。

そのため、より身近な生活レベルに落とし込んだ話をしていくことが特徴です。

臨床心理士の場合、個々のクライアントが抱える心の悩みや問題にアプローチしていくことになります。

仕事体験談