生活相談員向いている人、適性

人付き合いを大切にできる人

生活相談員は、利用者やその家族をはじめ、施設で働く他のスタッフなど、さまざまな人と関わりながら仕事を進めます。

また、福祉事務所や病院など関係機関との連絡調整も重要な仕事の一部となるため、一般の介護職員以上に人間関係を大事にして働かなくてはなりません。

「施設の窓口」としての役割も期待されるため、常に責任感を持って、利用者たちと向き合う姿勢が求められます。

このように、生活相談員は自分一人だけで進められる仕事ではないため、まず人が好きであることは絶対に必要な要素です。

そのうえで、多様な状況に置かれている人たちと関わり合うことが苦手ではない人に向いている仕事だといえます。

介護現場の仕事にも前向きに取り組める人

生活相談員の具体的な業務内容は、働く施設によって異なります。

実際には、介護現場で実務を兼任するケースも多いですし、とくに経験が浅いうちは介護職員として現場で働きながら、ステップアップを目指すということもあります。

そもそも生活相談員として働く以上、介護サービスを受ける人の気持ちや、現場の様子までしっかりと理解しておくことは非常に大切です。

現場の仕事はハードだと感じることもあるでしょうが、それに対して前向きに取り組む意欲を持っている人でないと、いざ就職してから「思っていたのと違った」ということにもなりかねません。

相手の立場を理解して接することができる人

生活相談員が接する利用者は、それぞれ異なる悩みやニーズを抱えています。相手の気持ちをしっかりと理解し、その気持ちに寄り添いながら業務を進める必要があります。

こうしたことから、社会的な立場が弱いとされる人に対しても思いやりを持って、優しく接することができる人に向いている仕事です。

「人を助けたい」という強い思いがあったり、人のために役立つことが自分の喜びになると感じられる人であれば、生活相談員として活躍していけることでしょう。