プログラマーの1日

1日の内容は開発段階によってさまざま

プログラマーは、忙しい時期と、そうでない時期の差が大きく出やすい仕事です。

たとえば、一連の開発工程における段階が、「要件定義(どんな仕様にするかを決める段階)」などの場合は、プログラマーはとくにやることがありません。

しかし、たいていの場合は並行していくつかのプロジェクトを進めていくため、まったく仕事がないということはありません。それでも、時期によって1日の過ごし方には大きな差が出るのが特徴です。

納期直前の1日(忙しいときのピーク)

プログラミングの開発フェーズのときの1日を紹介します。納期が迫っているときは、間に合わせるためにとにかく集中してプログラムを書き続けることとなります。

09:00 出社・業務開始

出社したらパソコンを立ち上げ、メールをチェックします。

その後は一心不乱にプログラミングをスタートし、気付いたらお昼になってしまうほどの集中力で書き続けます。

12:00 お昼休憩

昼食を取った後、午後に備えるためにも仮眠を取ります。

13:00 業務開始

再び一心不乱にプログラミングをし続けます。

15:00 進捗報告

上司やチームの仲間と簡単なミーティングをし、お互いの進捗を確認します。

18:00 定時

「もう定時になってしまった」と思いながらも、さらにプログラミング作業を続けます。

20:00 軽食

まだまだ仕事が終わりそうにないので、コンビニでパンなどを買い、手早くお腹を満たします。

22:00 残業開始から4時間

深夜残業がNGであれば、ここで帰宅します。OKであれば、さらに終電までプログラミングを続けます

23:00以降〜終電

「明日も頑張ろう」と考えながら帰宅をします。締め切りにどうしても間に合わないときや、意図せぬ問題が生じてしまったときには、徹夜をして作業を続けることもあります。

仕事が落ち着いている時期の1日

プログラマーは時間があるときこそ自己啓発を行い、自分自身を高めていかなければなりません。他のプログラマーに差をつけるのであれば、暇と感じるとき1日をどれだけ大事にするかが重要です。

09:00 出社・勤務開始

今までプログラミングをした成果物の見直しと反省をします。もっとよりよいプログラミング方法がなかったかを模索。

12:00 お昼休憩

インターネットでIT関連の最新技術などを調査したり、売れているソフトやアイディアツールなどのマーケット調査を行ったりします。。

13:00 勤務開始

過去のプロジェクトの失敗の反省や、面倒だった作業をルーチン化できないかを考察します。

新たにツールを作成して合理化が図れるのであれば、上司に相談するなどし、よりよい開発環境を整えるものを作成します。

18:00 帰宅

IT業界は残業ありきの世界だと思われがちですが、しっかりと定時で帰れるような日もあります。

企業によっては、どれだけ忙しくても「定時退社日」を設定しているところもあります。

仕事体験談