パタンナーになるには

服づくりの知識が必要

パタンナーとして働くために必須となる学歴や資格などは、とくにありません。「なりたい」と自分で決めて、パタンナーの求人に合格すればなることができます。

しかし実際には、全くの未経験者や知識がない人を採用するケースは少なく、服飾系や被服系の専門学校や大学、短大などを卒業している人が事実上の採用対象になります。

単に洋服に詳しければ活躍できるということでもなく、服づくり全般に対する知識(縫製や歳断、素材など)や、カラー、デザインに対する知識も求められます。

また、取得しておくと有利な資格としては、「パターンメーキング技術検定」「CAD検定」などがあります。
パタンナーの資格

ファッション系専門学校に通うのが一般的

現役で活躍しているパタンナーの学歴を見ると、ファッション系の専門学校で学んだ人が最も多く、こうした専門学校を卒業するのが王道であるとされています。

大学や短大などにも同様の学科はありますが、専門学校で短期間にしっかりと勉強すれば就職への道は開かれています。

ただし、専門学校は学校によってのレベル格差や、得意分野の違いなどが大きいので、学校選びは慎重に行う必要があります。

学校で何を学ぶかということが重要であり、ファッション系専門学校を卒業したからといって、必ずしもパタンナーとして就職できるわけではありません。

まずは業界に入ること

未経験者のパタンナーの求人は、決して多くはありません。技術力が問われる職業なので、まずは希望の条件を緩くして、パタンナーとして就職することが必要になります。

パタンナーとして就職したとしても、最初の何年かは型紙を作らせてもらえないこともあります。アシスタントして経験を積み、技術を身につけることによって一人前のパタンナーへと成長していきます。

社内でパタンナーに「転職」することも

退職する人が多いということも含めて、ファッション・アパレル業界は人材の流動が激しいことで知られています。

最初はショップ店員として就職したのに、気がついたら本社スタッフになっていたり、人によってはパタンナーの仕事をしていたり、ということも実際にあります。逆に、パタンナーとして就職したのに気づけば店舗スタッフになっているということも…。

人の流動が激しいということは身分が不安定になりがちですが、その一方でパタンナーとしての就職ができなかったとしても、社内の人事異動で念願のパタンナーになることができる道もあります。

他業種からの転職はアリか

手に職をつける仕事ということもあって、将来長く続けていける仕事としてパタンナーを選ぶ人もいます。

他業種に就職したものの、子供のころから服を作る仕事に関わりたいという夢が捨てきれずにパタンナーを目指す…ということも現実にあるでしょう。

社会人経験はプラスに働くので転職できないということはありませんが、若いうちならともかく、35歳を過ぎてから一念発起してパタンナーに転職するというのは、あまり現実味がありません。

どうしてもなりたいという場合は、一定期間仕事から離れて専門学校に入るくらいの思い切りが必要です。

パタンナーに求められる能力

センス

パタンナーには想像力が必要です。デザイン画をもとに、完成形を頭の中でイメージし、形にする能力が求められます。当然ファッションのセンスも必要であり、常に流行に敏感でなければいけません。

手先の器用さ

パターン製作は数ミリの狂いも許されない緻密な作業です。生地の柔らかさや厚みなどを考慮した上で、正確さも要求される職人的な仕事です。手先が器用であり、細かいことに几帳面な性格が向いているといえるでしょう。

パタンナーの今後の見通し

CADへの移行

CADが普及し、パタンナーの仕事はPC上で行うことが増えています。省力化が進んでいますが、やはり人でなければできない仕事です。

CADを覚えることは必須になってきますが、これからもパタンナーの仕事がなくなることはないでしょう。

要望の多様化

ファストファッションの流れはこれからも続くと考えられます。そうした企業に勤めるパタンナーは、スピードや縫製のしやすさ、コスト削減など、デザイン以外の多くの要望に応えられることが必要になってくるでしょう。