音楽療法士の求人・採用募集状況

音楽療法士としての求人は多くない

「音楽療法士」という職業の認知度は少しずつ高まってきたようですが、まだこの職業での採用募集がかけられることはあまり多くありません。

音楽療法士の活躍の場になりうる場として高齢者施設や精神病院があり、これらの場で求人が出ることもありますが、かなりまれだと考えておいたほうがよいでしょう。

こうしたことから、仕事として音楽療法に携わりたい場合、音楽療法士としての募集を見つけるよりも、音楽療法ができる施設に就職することを考えたほうがよいかもしれません。

医療職や介護職が音楽療法を行う場合も

医療や介護の現場では、音楽療法を医療職や介護職などに就いている人が必要に応じて行っているケースが多いとされます。

具体的には、病院の看護師や高齢者施設の介護士、福祉施設の社会福祉士などがそれに当たります。

一部、心理カウンセラーの資格を取って、専門的に音楽療法を行っている人もいます。

必ず資格が求められるわけではありませんが、人の心の問題に関わっていく仕事であるだけに、専門知識を備えているほうがよいとされています。

音楽療法士の求人状況

先に述べたとおり、音楽療法士に限定した求人件数は、全国的に見てもかなり少ないといわざるを得ません。

音楽療法士は、国家資格である看護師や介護福祉士、社会福祉士などと違って民間資格であるため、音楽療法士の資格を持っていないとできない業務というものがほとんどないのです。

こうしたことから、音楽療法士としての求人よりも、医療や介護に関わるスタッフが音楽療法を実践するケースが多くなっています。

ただし、音楽療法をするためには専門的な知識や演奏能力などが求められますし、音楽療法士を目指すための学校も増えています。

現在は、徐々に職業としての地位が確立されつつある段階だといえます。

海外ではすでに音楽療法士の資格の地位も保証されており、音楽療法士として就職しやすい国もあるようですが、日本ではまだしばらく厳しい状態が続くと考えておいたほうがよいでしょう。

今後の求人が増えてくる可能性も

現代の日本では、うつや自殺、いじめといったさまざまな心の病について世間的に関心が高まってきています。

音楽療法は、音楽を活用して人々の心身のケアをしていくものですから、こうした時代背景のなかで音楽療法士の求人は増えてくる可能性があります。

ただし、求人が一気に増えるとも考えにくく、とくに常勤や正社員の採用倍率は非常に高くなりがちなようです。

これから音楽療法士になりたい人は、まず音楽療法についての専門的な勉強をしつつ、関連する医療系、福祉系の資格の取得も目指すことで、就職活動がしやすくなることでしょう。