騎手の仕事内容

競馬のレースで競走馬に騎乗すること

騎手の仕事は、競走馬に騎乗して競馬のレースに出場することです。最大18頭で着順を競い、入賞すると着順に応じて賞金がもらえます。

競馬のレースには、「平地競走(通常のレース)」と「障害レース」、競走馬がソリを曳きながら力やスピードを競う「ばんえい競馬」があります。

たとえば、平地競走で3歳馬の日本一を決める「日本ダービー」は、東京競馬場で、18頭立てによる2400メートルで争われます。

賞金総額は、3億円です。1着馬には2億円が贈られ、その5%の1000万円が騎手の取り分となります。「重賞」と呼ばれる大きなレースで優勝すれば、たった1レースで1000万円の賞金を手にできるのが騎手という仕事です。

レースでの騎乗が決まるまでの流れ

騎手が、競馬レースに出場できるのは、出走馬をもつ厩舎から騎乗依頼があった場合です。馬主や調教師は、持ち馬の出走が決まれば、騎手を探します。

同じ厩舎に所属する騎手が騎乗することもありますが、基本的には、騎手としての実力や馬との相性、馬主や調教師との信頼関係、レース当日のスケジュールなどによって決まります。

中央競馬の場合、最近は、JRAによるエージェントから騎乗依頼が来ることも増えています。

レースでの騎乗が決まると、出走する競走馬とトレーニングをします。実際に乗って走ってみて、競走馬の調子やレース展開のタイプ、癖などをつかんでいきます。

レース当日に競走馬のコンディションを最高の状態に仕上げるため、調教師や厩務員と連係を取りながら調教します。

担当の競走馬とのコミュニケーションも仕事のうち

競走馬は、それぞれの性格もちがえば、癖もあります。レース展開も、先行逃げ切り型や追い込み型などタイプもいろいろです。競馬レースで勝とうと思えば、騎乗する競走馬の特徴を熟知しておく必要があります。

そのため、普段から騎乗して走ってみるのはもちろん、世話もしながらコミュニケーションを深めておくことが大切です。

その馬の目や表情をみれば、馬の気持ちがわかるくらい慣れ親しむことも騎手の大切な仕事で、時間があれば、厩舎に出掛け触れあっておくことも大切です。

競馬のPRのため、マスコミの取材やイベント出演もする

競馬の専門雑誌や専門新聞が発行されていますし、スポーツ新聞でも競馬は大きく扱われます。トレーニングセンターや厩舎にも、平日は記者たちが通ってきます。

立ち話をしたり、喫茶店などでじっくり話をしたり、取材の形はさまざまですが、競馬記者の取材を受けることも大切な仕事です。

人気騎手になると、テレビ番組やイベントへの出演依頼が来るようになります。担当する競走馬と触れあう時間やプライベートの時間が減りますが、競馬のPRするため、番組やイベントを選びながら出演するのも仕事のうちです。