健康運動指導士になるには

健康運動指導士養成講習会を受講する

健康運動指導士になるには、「健康運動指導士養成講習会」を受講するか「健康運動指導士養成校」の養成講座を修了したうえで、「健康運動指導士認定試験」に合格する必要があります。

まず、健康運動指導養成講習会は、健康運動指導士の養成を目的として開催されるものであり、主に以下のような受講資格があります。

・保健師又は管理栄養士の資格を有している者
・4年制体育系大学(教育学部体育系学科を含む)の卒業者(卒業見込者を含む)
・歯科医師、看護師、准看護師、助産師、薬剤師、栄養士、あん摩マッサージ師、はり師、きゅう師、柔道整復師、理学療法士、作業療法士、臨床検査技師いずれかの資格を有している者であって、大学(修業年数4年以上)卒業者
・健康運動実践指導者の称号を有する者

これらの受講資格のどれに当てはまるかによって、受講コース(必要単位数)が異なります。

健康運動指導士養成校で学ぶ

健康運動指導士認定試験を受けるためのもう一つの方法は、健康運動指導士養成校に認定されている学校で養成講座を修了することです。

養成校として認定されている学校は全国各地に存在しますが、その中には体育大学もあれば、一般的な4年制大学の体育系学部・学科もあります。

公益財団法人 健康・体力づくり事業財団 健康運動指導士養成校一覧

健康運動指導士認定試験に合格する

上記のいずれかの方法で認定試験の受験資格を得たら、健康運動指導士認定試験への合格を目指す必要があります。

この試験は「公益財団法人 健康・体力づくり事業財団」が実施しているもので、運動生理学や健康づくり、生活習慣病、栄養などに関する専門知識が問われます。

なお、養成講習会の受講者の場合、受講したコースによって試験区分(試験内容)が異なります。

認定試験に合格することで健康運動指導士の登録資格が与えられ、健康運動指導士として登録することで称号を得ることができます。

なお、登録は5年間有効となっており、所定の講習会を受講し、更新登録手数料を支払うことで更新が可能です。

就職する

健康運動指導士の称号を得たら、それを生かして就職先を見つけることになるでしょう。

主な活躍の場は、病院などの医療機関や介護施設、健康増進施設、民間のフィットネスクラブやスポーツクラブとなります。

最近では、個人に最適な運動プログラムを提供する施設が増えており、健康運動指導士が求められる場所も広がりを見せています。