健康運動実践指導者のやりがい・楽しさ・魅力

健康運動実践指導者のやりがい・楽しさ

人々の健康づくりをサポートできる

健康運動実践指導者は、フィットネスクラブや病院、デイサービス、行政の保健関連施設などさまざまな場所で活躍しており、若い人からお年寄りまで幅広い年代の人の健康づくりをサポートします。

作成されたプログラムに基づいて利用者に運動の指導を行い、一人でも多くの人がより健康になれるよう力を発揮していきます。

健康状態は利用者一人ひとり異なりますが、利用者と直接コミュニケーションをとっていく仕事です。

目標に向かって手助けをしていくなかで人々の力になっているという実感を味わうことができる仕事でしょう。

また運動が好きな人、そして運動を通じてたくさんの人を元気にしたいという思いのある人にとっては、大きなやりがいを感じられる仕事です。

健康運動実践指導者の仕事内容

指導の成果が見える

健康運動実践指導者が指導をする利用者のなかには、ケガや病気、高齢などの理由で身体が思うように動かせない人や、運動そのものがあまり好きではない、運動が苦手という人も多いです。

しかし、根気強く指導を続けていくことによって、前はできなかった運動がスムーズにできるようになったり、それによって利用者が抱えていた問題がよくなったりしていきます。

運動という側面から健康をサポートするため、検査結果の数値が改善された、これまで歩けなかった人が一歩を踏み出せるようになった、など目に見えて結果が出ることも多いです。

これは健康運動実践指導者にとって何よりもうれしい瞬間で「ありがとう」という声をかけてもらえたときには、もっと仕事を頑張ろうという気持ちが生まれてきます。

健康運動実践指導者の魅力

自分自身の健康への意識

健康運動実践指導者として働いていると、身体のしくみや、よりよい運動方法、健康状態、栄養といったことにもつねに敏感になります。

仕事で利用者に指導をすると同時に、自分自身の健康に対する意識も高まっていくことでしょう。

また、利用者の前できちんとお手本を見せなくてはなりませんから、自分の身体をしっかりと動かせるように準備しておくことも大切で、この仕事をしていると、自身の健康にも役立ちます。

さまざまな働き方ができる

現代の日本では、国レベルで生活習慣病予防をはじめとする健康づくりへの取り組みが強く訴えられるようになり、健康運動実践指導者の役割も高まりつつあります。

この仕事は、健康行政機関や保健所、病院・診療所、公共スポーツ施設、学校・教育機関、スポーツ関連団体、介護施設など幅広い場で活躍することができるのが特徴です。

「インストラクター」「パーソナルトレーナー」といった名称で募集されることもありますが、健康運動実践指導者の有資格者はどの場でも歓迎されることが多いです。

正社員や正規職員以外に、アルバイト・パートや契約社員の求人も多いため、自分の目標やライフスタイルに合った働き方ができる仕事といえるでしょう。