健康運動実践指導者の仕事内容

健康運動実践指導者の仕事とは

健康運動実践指導者は、「健康づくり」を目的として作成された運動プログラムに基づき実践指導を行う仕事です。

「第2次国民健康づくり運動(アクティブ80ヘルスプラン)」の一環として、平成元年の養成が開始された比較的新しい称号です。

健康運動実践指導者の業務の内容

自らがお手本となる

健康運動実践指導者は、個々の健康状態に合わせて健康プログラムを作成する「健康運動指導士」と両輪となって国民の健康づくりを行っていきます。

そのなかでも健康運動実践指導者は、「自ら見本を示せる実技能力と、特に集団に対する運動指導技術に長けた者」として、国が養成を目指しています。

安全かつ効果的な運動の指導

健康運動実践指導者は、運動生理学の知識や医学的な基礎知識を持ったうえで、健康づくりのために作られた運動プログラムに沿って正しく実践指導を行います。

具体的には、一人ひとりの健康状態に合わせて、エアロビクス、ヨガ、ジョギング、ウォーキング、水泳・水中運動、筋力トレーニングといった各プログラムの指導です。

健康運動実践指導者の役割

正しい運動方法の指導

健康運動実践指導者は、対象者に見本を見せながら、健康づくりを目的とした運動を安全かつ効果的に実践するために指導を行うことが目的です。

いま、社会問題となっている生活習慣病は日頃の運動によって予防できるといわれています。

しかし、いざ運動をしようと思っても、正しい運動方法がわからないという人は大勢います。

そこで、運動生理学や医学的な知識を持つ健康運動実践指導者が、生涯を通じて国民の健康を維持・向上するために力を発揮するのです。

国民の生涯活動の指導

日本で健康問題を抱えるのは成人だけではありません。

近年は幼児期や児童期からの運動不足が問題視されていますし、高齢化を迎える中でお年寄りが健康的に過ごすためには運動は欠かせない要素です。

幼少期から老年期まで、生涯にわたって自らの健康を適切に管理し改善していくためには、健康運動実践指導者の知識や指導は欠かせないものです。

特に近年では、子どもの発達段階をふまえた健康教育の分野での活躍が期待されています。

健康運動実践指導者の勤務先の種類

健康運動実践指導者は、2020年1月現在、19,763人(女性11,314人、男性8,449人)おり、おもに以下のような場所で活躍しています。

・アスレチッククラブ、フィットネスクラブ
・学校関係
・診療所、病院
・老人介護、保健、福祉施設
・保健所

小・中・高等学校などの学校教育の現場や、病院、あるいは高齢者施設など活躍の場は幅広く、子どもからお年寄りまで幅広い世代の人を対象として指導を行います。

健康運動実践指導者の就職先・活躍の場

健康運動実践指導者と関連した職業

健康運動実践指導者と似た資格に「健康運動指導士」があります。

どちらも「公益財団法人 健康・体力づくり事業財団」が認定する民間資格であり、地域社会のなかで、人々に健康づくりのためのサポートを行っていく仕事です。

大きな違いは、その役割にあります。

健康運動実践指導者は、健康づくりのために作成された運動プログラムに基づいて、指導を実践していくことを役割とします。

一方、健康運動指導士は、対象者一人ひとりの健康状態に合った運動プログラム作成や、運動指導を行うことを役割としています。

健康運動指導士の仕事