健康運動実践指導者と健康運動指導士の違い

役割の違い

健康運動実践指導者」とよく似た仕事に、「健康運動指導士」というものがあります。

どちらも「公益財団法人 健康・体力づくり事業財団」が認定する民間資格であり、地域社会のなかで、人々に健康づくりのためのサポートを行っていく仕事です。

しかし、両者は異なる部分もあります。

最もわかりやすいのは、役割の違いといえるでしょう。

健康運動実践指導者は、健康づくりのために作成された運動プログラムに基づいて、指導を実践していくことを役目とします。

一方、健康運動指導士は、対象者一人ひとりの健康状態に合った運動プログラム作成や、運動指導を行うことを役目とします。

もっとわかりやすくいうと、健康運動実践指導者は、作られたプログラムの内容に沿って実際に指導を行っていく仕事、健康運動指導士は、一人ひとりに合った運動プログラムを作っていく仕事といえます。

健康運動指導士の仕事

求められる知識やスキルの違い

健康運動実践指導者は、運動指導を実際に実践していくことから、実技指導のスキル、運動指導のスキルがとくに求められます。

運動指導の対象者に対して、わかりやすく見本を見せ、正しい形で運動ができるように教えていく指導力が必要になります。

一方、健康運動指導士は、一人ひとりの身体の状態に合わせて健康プログラムを組まなくてはならないため、より高いレベルでの医学的な知識が求められます。

メディカル的な要素が強いと考えておくとよいでしょう。

なるためのルート・方法の違い

健康運動実践指導者と健康運動指導士は、それぞれの試験を受けるための受験資格が異なります。

健康運動実践指導者の場合、健康運動実践指導者養成校で学ぶか、「健康運動実践指導者養成講習会」を受講することで受験資格が得られます。

健康運動実践指導者養成講習会の受講資格は、

「体育系短期大学または体育専修学校(2年制)もしくはこれと同等以上の学校を卒業した人」
「3年以上運動指導に従事した経験のある人」
「運動指導に関連する資格を持つ人」
「保健医療に関する資格を持つ人」
「学校教育に関する資格を持つ人」

のいずれかを満たす場合に与えられます。

講習会の課程修了者は、指導実技試験および講習会のカリキュラムの内容に沿った認定試験が行われ、両方に合格すると健康運動実践指導者の登録資格が与えられます。

健康運動指導士の場合、健康運動指導士養成校で学ぶか「健康運動指導士養成講習会」を受講することで受験資格が得られます。

ただし、健康運動指導士養成講習会は、特定の条件のうち、いずれかを満たした人のみ受講できるものとなっています。

その条件とは、

「4年制の体育系大学を卒業した人」
「4年制の一般大学を卒業した人で歯科医師看護師、准看護師、助産師薬剤師栄養士、あんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師理学療法士作業療法士、臨床検査技士の資格を保有している人」
保健師管理栄養士の資格を持っている人」
「健康運動実践指導者の称号を持っている人」

です。

健康運動指導士認定試験に合格し、登録をすると健康運動指導士の称号が与えられます。