健康運動実践指導者の1日のスケジュール・生活スタイル

健康運動実践指導者の業務スケジュール

大抵の場合、仕事が始まるのは8時~9時、終わるのは夕方の17時~18時ほどというパターンが大半です。

整形外科などの病院であれば診療時間内、フィットネスクラブでは営業時間内に勤務し、勤務先によって多少の前後はありますが、夜勤になることはほとんどないでしょう。

ただし、都市部のフィットネスクラブなどは夜遅くまで営業しているところもあり、その場合には「早番」「遅番」といった交代制勤務をとっていることもあるようです。

フィットネスクラブで働く健康運動実践指導者の1日

8:30 出勤
出勤すると着替えをし、きょうのスケジュールを確認します。

施設内の清掃をし、自分自身もストレッチをするなどして身体を温めておきます。

10:00 運動指導
午前中はお年寄りが多く来られるため、無理のない体操を組み入れた運動プログラムが組まれています。

その日の体調にも気づかい、指導していきます。

11:00 個別指導
長期的な指導計画が組まれている人に対しては、個別に指導を行います。

とくに過去にケガをしたり、病気をしたりしている人は、ていねいな指導が必要です。

12:00 休憩
13:00 事務作業・運動プログラムの確認
フィットネスクラブの担当者や、健康運動指導士などとともに、個別の運動プログラムの作成をしていきます。

また午後に来られる利用者の方向けの運動プログラムを見直し、どのように実践するか検討しながら、パターンをいくつも用意しておきます

14:30 運動指導
午後もその人の体調や体力に合わせた運動指導をしていきます。

ダイエットを目的とした運動指導や筋肉トレーニングをメインとした指導など、個人に合わせて行っていきます。

16:00 利用者面談
新しい利用者と個別に面談をしながら、体力や体調を確認していきます。
17:00 チームミーティング
さきほどの面談の内容を踏まえ、運動実践指導士とともに健康プログラムを考えていきます。

ときには医師や理学療法士などと連携をとることもあります。

18:30 退勤
利用者の運動指導を終え、夜間のスタッフに引継ぎ、仕事を終了します。

健康運動実践指導者の勤務時間

健康運動実践指導者の勤務先は、フィットネスクラブ、病院、老人福祉施設などさまざまですが、たいていは日中の時間帯に働きます。

パート・アルバイトとして働く場合には、1日に3時間程度から働くこともできます。

健康運動実践指導者の休日

勤務先によって違いがある

健康運動実践指導者の休日については、勤務先によってだいぶ異なるといえるでしょう。

病院は日曜が休みのところが多く、その他の休診日と加えて週休2日が一般的なようですが、月~金曜の5日間働いて週末が休みになるところも多いです。

一方、フィットネスクラブは年中無休で営業しているところが大半です。

その場合はシフト制で、定められた年間休日に基づき、月ごとに休日が決まるといったケースもあります。

フルタイム勤務の場合、だいたい週休2日となっているところが多いようですが、月に6日程度の休みのところもあるなどさまざまです。

健康運動実践指導者は忙しい?

健康運動実践指導者の仕事では一般に、年間を通じて特別忙しくなるといった繁忙期はありません。

利用者が一時的に増えるといったことはありますが、つねに需要があり、事前に仕事の計画を組んで動くことができます。

ゴールデンウィークや年末年始などは休みとなるところも多いようですが、普段も他のスタッフと連携をとれば、有給休暇と合わせて連休を取得することは可能でしょう。