介護福祉士は結婚、子育てしながら続けられる?

事業所の規模や職員の体制で違いがある福利厚生

もともと、介護の仕事は子育ての終わった主婦や女性の仕事として、広まってきました。

介護が国家資格化して、専門職となった現在でも、介護業界の職場は女性の割合が高く、あまり男性の姿を見ないせいか、職場の中は男女平等の雰囲気があります。

とはいっても、管理職の男性割合は他の業種と同じく高いようです。

職場で育児休業を取得できるかどうかという点についても、その事業所の規模の大きさやトップの考え方、職員体制などが関係してくるでしょう。

たとえば、中規模以上の病院内の老人保健施設で働いている介護福祉士は、そこで長年働いてきた看護師と同じように、育児休業を取得しやすいとのこと。また、事業所内に託児所があるといった話しもよく聞かれます。

多くの医療施設で女性が活躍しており、女性が働きやすいような体制が、介護業界よりもずいぶん前から整えられてきたので、そこに働く介護福祉士も、その福利厚生を利用しているようです。

主婦の王道の仕事、ヘルパー

ホームヘルパーの大多数が女性です。そのほとんどが主婦なのです。

ホームヘルパーの仕事のいいところは、資格が比較的取得しやすく、年齢に関係なく始められる仕事で、どこの事業所もヘルパー不足もあり、仕事には困りません。

また、非常勤のヘルパーは、自分の都合のよい時間をあらかじめ会社に提示しておき、その時間帯で稼動できます。

自宅から直接、利用者宅に行きサービスを行って、帰宅するという「直行直帰」の仕事が多くあります。1人の利用者宅に複数のヘルパーが入るといったチームワークでの仕事です。

主婦ばかりといっても、そこはプロで働くので、業務に対する責任は重いのです。

子育てしながら行える仕事といえますが、すぐに仕事をキャンセルしてしまったり、時間通りに仕事に行かないことが続くなど、個人の仕事に対する意識によって、子育てしながらでも働けるかどうか、決まってくるのではないでしょうか。

仕事体験談