介護福祉士の一日

介護福祉士の仕事場

介護福祉士は、高齢者や障害を抱える人が利用する施設のほか、グループホーム、地域包括支援センター、デイサービスなど、多岐にわたる場所で活躍しています。

いずれも利用者の身体介護や生活支援を行うことは共通していますが、勤務先によって働き方は少しずつ異なります。

ここでは、介護福祉士の代表的な職場をいくつか例に挙げて、1日の流れを紹介します。

施設で働く介護福祉士のある1日

特別養護老人ホームや老人保健施設の特徴は、24時間の介護サービスが提供されていることです。

以前は、集団介護が中心だった介護業界も、最近ではユニットケアが取り入れられて、利用者個々にあった介護が提供されるようになりました。

一般的に、施設介護では「日勤」と「夜勤」の勤務シフトがあります。

日勤では9時ごろに出勤して、夜勤スタッフからの申し送りを聞いて、利用者の夜間の様子を把握します。

それから担当利用者の居室へ行き、利用者のバイタルチェックや居室の掃除、環境整備を行ったり、身体介護、食事介護などの介護や見守りなどを行います。

介護施設に入所している多くの利用者の要介護度は重いため、介護職員はチームワークで利用者の介護を支えます。

夜勤の場合は、利用者の体調などが急変しないかといったことにとくに気を付ける必要があります。

また、認知症のある利用者は夜間も眠らない場合があるため、そうした対応も行います。

そのほか、施設で開催する季節の行事や誕生日会、レクリエーションなどの企画や運営にも携わります。

デイサービス施設で働く介護福祉士のある1日

利用者が自宅から来所するデイサービス施設では、朝から夕方近くまで介護サービスを提供します。

出勤してまず行うのは、昨日の引き継ぎ業務の確認とミーティング。午前8時半から午前9時半前後に利用者の送迎やお出迎えをして1日が始まります。

まずは利用者一人ひとりと挨拶をし、その日の健康状態を確認していきます。

午前10時頃からは、入浴介助や個別の機能訓練などを行います。時間がかかっても「安全第一」を心掛けます。

12時近くなると食事の準備です。配膳を行い、利用者を座席に誘導します。介護福祉士も、利用者と一緒に食事をとることが多いですが、必要に応じて食事介助に入ります。

食事が終わると利用者に声をかけて、歯磨きやトイレへの誘導などを行います。

午後は折り紙や歌、体を動かすなどのレクリエーションで、身体的活動を取り入れた活動をします。

3時頃にはおやつを出し、帰宅の準備やトイレ誘導などを済ませ、お見送りをします。

利用者の方が帰宅してからは、フロアの清掃や明日の準備などを行い、一日の記録とミーティングをして業務終了となります。

レクリエーションの企画・運営を考えたり、利用者一人ひとりに合ったサービスの内容を考えていると、残業になることもあります。

在宅介護で働く介護福祉士のある1日

介護保険上、ホームヘルプサービスのことを「訪問介護」といいます。

訪問介護では、介護福祉士は利用者宅に訪れ、サービス提供責任者が事前に立てた介護計画に基づく介護サービスを行います。

訪問介護の仕事では、直行直帰をすることがよくあります。つまり、自宅から直接利用者宅に行き、サービスを提供して終わったらそのまま帰宅するという形態です。

この日、事前にもらったシフト表には「3件」のお宅訪問が予定されています。

最初の利用者宅では、朝の10時から30分間の身体介護。朝食の配膳と介助です。

2件目は、11時から居宅の掃除と昼食の調理を行います。

最後の案件は13時から、身体介護と生活援助です。具体的には入浴の介助と部屋の清掃、洗濯を行います。

訪問介護では、計画内容を時間内にこなすだけではなく、利用者のその日の様子を観察して記録に残し、他の専門職のスタッフと情報を共有できるように報告する必要があります。

仕事体験談