柔道整復師のやりがい

幅広い患者さんと接することができる

柔道整復師は手術を行わずに人間の治癒力を利用して損傷を治療したり、機能回復を図るため、回復に時間がかかる場合があります。

単に治療をするだけでなく、患者さんの日常の様子を聞きながら早期の回復ができるよう指導をしていかなくてはなりません。

一方、患者さんの方も怪我をしてその治療に訪れるだけでなく、身体の不調の相談をしたり、ケガの予防の相談する人も多くいます。

接骨院や病院の整形外科には、0歳から65以上まで幅広い患者さんが訪れます。

さまざまな年代の人と係わり合い、患者さんとコミュニケーションをとりながら治療をするのが柔道整復師なのです。

治ったときや症状が良くなったときに、多様な年代の患者さんに感謝されるのは柔道整復師のやりがいのひとつでしょう。

高齢化社会に貢献

日本は高齢化社会に突入し、誰もがどのように年を取っていくのか考えなければならない時代となりました。そして誰もが年をとっても元気でいたいと思っていることでしょう。

高齢に伴う体のあちこちに起こる障害を軽減させようと、さまざまな取り組みが行われています。

そうした中で、需要が高まっているのが柔道整復師の存在です。たとえば、介護施設で柔道整復師は筋力アップの指導などを行っています。

年を重ねるにつれて筋力は低下していきますが、それを防ぐ運動を行うことで筋力を保つことができるようになります。

今後も高齢者が増える中で、柔道整復師の存在はますます大きくなっていくでしょう。

「人に必要とされる、望まれている仕事をしている」という意識は仕事をする上で非常にやりがいのあることです。

独立開業することができる

柔道整復師が独立開業できる資格であることは、大きな魅力のひとつです。

独立開業すれば、患者さんに自分の理想とする治療を施すことができます。

また、地域医療に貢献できること、成功すれば勤務していたときよりも高い収入を得られるということもやりがいにつながります。