柔道整復師になるには

まずは専門学校か、大学へ進学 柔道整復師になるには、柔道整復師国家試験に合格することが必要ですが、国家試験を受験するには条件があります。 もうひとつが文部科学大臣の指定した学校、または厚生労働大臣の指定した柔道整復師専門 … 続きを読む

柔道整復師に向いている人、適性

手先の器用な人 柔道整復師は骨や関節、筋や腱、靭帯といった箇所に発生する骨折や脱臼、打撲、捻挫、挫傷などを治療します。 治療は手術をしないで人間の治癒能力を利用して固定や整復といった手法で治療を行っていきます。 病院であ … 続きを読む

夜間や通信で柔道整復師の資格は取得できる?

専門学校の夜間部 柔道整復師になるには、文部科学省の許可した四年制の大学か、または厚生労働省の許可した専門学校で柔道整復師になるための知識と技術を学ばなくてはなりません。 3年以上大学や専門学校で勉強をしてようやく国家試 … 続きを読む

働きながら柔道整復師の資格を取るには

社会人から柔道整復師になることができるか 柔道整復師は患者さんの身体に直接触れる仕事であり、専門的な知識と技術が求められます そのため、柔道整復師になるには柔道整復師専門学校か大学を卒業しなければなりませんし、学校を卒業 … 続きを読む

柔道整復師の実習

カリキュラムは学校によって内容が異なる 柔道整復師の大学や専門学校では、文部科学省令、厚生労働省令で定められている基準によってカリキュラムが組まれていますが、それ以外に学校ごとにさまざまな授業を行っています。 というのも … 続きを読む

柔道整復師の需要と求人・採用募集状況

活躍の場は次第に広がっている 柔道整復師の活躍の場は年々広がっています。 昔の柔道整復師は、国家資格を取得したばかりの段階では「接骨院」もしくは「病院の整形外科」に勤めることがほとんどでした。 これらの場で何年か働き、経 … 続きを読む

柔道整復師の志望動機・例文

柔道整復師の志望動機 国家資格を取得することによって柔道整復師として働くことができますが、資格の取得と同時に就職先が決まるわけではありません。 柔道整復師として働くには、就職活動をすることが必要です。 柔道整復師の就職活 … 続きを読む

柔道整復師の面接

就職試験では必須 国家資格を取得することで柔道整復師として働くことができますが、資格を取得しただけでは仕事をすることはできません。 柔道整復師の仕事をするには就職活動をすることが必要です。 就職試験の内容は仕事場によって … 続きを読む

女性の柔道整復師

一生の仕事にできる 柔道整復師は女性も活躍している職業です。というのも結婚や子育てといったことがあっても続けていきやすい仕事だからです。柔道整復師は医療従事職ですが、医師や看護師のように24時間の勤務は行われず、接骨院や … 続きを読む

柔道整復師に必要なこと、求められるもの

医学的な知識と、患者さんとのコミュニケーション 柔道整復師は、日々さまざまな症状を抱える患者さんと接しますが、症状の診断にあたっては医師のようにレントゲンなどの機器を使ったり、投薬や手術といった外科的な治療を行うことはで … 続きを読む

柔道整復師になるための大学と専門学校の違い

柔道整復師になりたいと思ったら、まずは柔道整復師の養成課程がある学校で学び、国家試験に合格しなくてはなりません。 柔道整復師になるための学校には「大学」と「専門学校」があり、前者は4年制、後者は3年制(まれに4年制もあり … 続きを読む

柔道整復師になるための費用・学費

柔道整復師になるための学校には「専門学校(3年制)」と「大学(4年制)」があり、学校によって学費が異なります。 ここでは、柔道整復師になるまでにどれくらいのお金がかかるのか紹介します。 卒業までにかかる費用 専門学校の学 … 続きを読む

中卒から柔道整復師になるには

中卒から柔道整復師になるための条件 柔道整復師は、中卒でも目指すことが可能な職業です。しかし、そのためにはいくらかの条件をクリアしなくてはなりません。 まず、柔道整復師は国家資格ですから、資格を得るためには国家試験を受験 … 続きを読む

柔道整復師への転職

手に職を付けたいと考える人が多い それまで他の職業に就いていた人が心機一転、柔道整復師へ転職するというケースは比較的多いようです。 この仕事へ転職する理由としてよく聞かれるのは、「手に職を付けて働きたい」といったことです … 続きを読む

柔道整復師として大切なこと

患者さんへの気配り 柔道整復師は若い人から高齢者の方まで、幅広い世代の患者さんと接します。 また、患者さんは一人ひとり抱えている症状も異なれば、生活環境や置かれている状況も異なるため、柔道整復師はそれぞれの人に適した接し … 続きを読む