女性の柔道整復師

一生の仕事にできる

柔道整復師は女性も活躍している職業です。というのも結婚や子育てといったことがあっても続けていきやすい仕事だからです。柔道整復師は医療従事職ですが、医師や看護師のように24時間の勤務は行われず、接骨院や病院の整形外科などに勤務した場合は、勤務時間や休日が決まっています。

また、情報処理関連の仕事のように数年で従来の情報や技術が一新されてしまうということがありません。そのため子育てのために数年間の間は休職することがあっても、子供がある程度の年齢になって手がかからなくなってから仕事をしようとしたとき復帰がしやすいのです。

つまり一度専門学校や大学で勉強し、国家資格を取得して、経験と実績を積んでいれば、柔道整復師の仕事は一生の仕事とすることができるのです。

女性の先生が好まれる

有名選手の影に有名なスポーツトレーナーがいて、それが柔道整復師であることがテレビ番組で紹介されるようになったこともあって、近年、柔道整復師の認知度は高くなりました。

そのため、柔道整復師を志望する人は年々増加しており、いろいろな分野に仕事場が広がっているのですが、中には女性の先生の方が好まれる職場も少なくありません。

柔道整復師の治療は、体に触れますから、女性の中には男性の先生より女性の先生の方が安心できるという人もいます。また女性の立場でものを考え対応してもらえるのは女性にとって心強いところです。

スポーツ関連施設などでは人気が高いようで、女性の柔道整復師を歓迎しているところが多いようです。

年齢に関係なく仕事ができる

日本では女性の平均年齢は男性の平均年齢より高くなっています。そのため、女性も体が動く限り仕事がしたいという人が増えてきています。柔道整復師は資格を取得すれば、結婚や子育てなどで一度休職しても復帰がしやすいだけでなく、年齢に関係なく仕事ができるところから、注目されています。

特に最近は健康を維持するためにスポーツをすることが奨励されていることから、柔道整復師の役割が大きくなっており、将来性があるという点でも注目されています。

体力勝負という一面も

職業名に「柔道」とついているからではありませんが、柔道整復師は患者さんの体に施術を行う際に、体力を使います。

慣れてくると力の入れ具合が上手になるので、力任せに施術をすることはありませんが、それでも何人もの患者さんを施術すると体力的な疲れを感じることも少なくありません。

女性の柔道整復師は近年多くなっていますが、男性とあまり変わらない体力が求められる仕事という一面だと心得ておく必要はあるでしょう。