児童指導員になるには

児童指導員の任用資格を取得 児童指導員として働くためには、まず「児童指導員」の任用資格を取得する必要があります。 この資格は、次のいずれかの方法で取得できます。 1.厚生労働大臣の指定する養成施設を卒業する 2.4年制大 … 続きを読む

児童指導員向いている人、適性

子どもが好きで、愛情を注げること 児童指導員の適性として一番に挙げられるのは、子どもが好きであることです。 ただし、施設で過ごすどのような子どもたちに対しても平等に愛を注ぎ、大切に思えるような人でなくてはなりません。 人 … 続きを読む

児童指導員任用資格を取得するには

任用資格の取得方法は複数ある 児童指導員として働くためには、まず「児童指導員」の任用資格を得ることが必要となります。 この任用資格は「児童福祉施設最低基準(厚生労働省令)第43条」に定められているもので、児童厚生施設や児 … 続きを読む

児童指導員の就職、求人募集状況

児童指導員の就職先 児童指導員の活躍の場はさまざまあります。 児童養護施設をはじめ、障害児入所施設、児童発達支援センター、児童家庭支援センター、乳児院などが主となり、公立と私立の2種類に分けることができます。 このうち、 … 続きを読む

児童指導員の志望動機・面接

志望動機 児童指導員の志望動機として最も多いものは、「子どもが好きで、子どもの成長を支援したい」といった答えです。 子どもと直接関わる仕事はさまざまありますが、なかでも困っている子どもを助けたいという気持ちが強く、社会貢 … 続きを読む

児童指導員への転職

児童指導員へと転職するために 子どもが好きであったり、児童福祉に少なからず興味を抱いている人であれば、施設で暮らす子どもの成長を支える児童指導員という仕事に大きな魅力を感じることもあるでしょう。 他の仕事と同様に、別の業 … 続きを読む