児童指導員の一日

児童指導員の1日の過ごし方

児童指導員の1日の過ごし方は、勤務する施設によってだいぶ異なります。

基本的には、子どもたちの生活に合わせた形で働くことになります。

朝は、食事の準備や子どもたちの起床・登校準備の手伝い、掃除や洗濯。子どもたちが学校から帰った後は、食事や入浴、宿題の確認、翌日の通学準備など、就寝まで必要なサポートを行います。

24時間子どもたちとともに生活する施設においては、複数のスタッフが交代で勤務するケースが多くなっています。

施設ごとに生活の仕方は異なりますが、最近は家庭に近い環境での養育を目指す施設が増えており、子どもたちの生活集団を小規模化し、一人ひとりにきめ細やかな支援を行う傾向にあるといわれています。

児童養護施設では働く児童指導員のある1日

7:00 出勤

宿直をしていたスタッフから引継ぎを行い、朝食の配膳をします。

8:00 登校準備

子どもたちの登校準備を支援します。忘れ物はないか、提出物はきちんと揃っているかなどを確認。

8:30 掃除・洗濯

子どもたちが登校したら、施設の掃除や洗濯を始めます。

11:00 休憩

子どもたちが不在の時間帯に、少し長めの休憩をとります。

15:00 下校

子どもたちが学校から帰ってくるのを出迎えます。

15:30 おやつ、レクリエーション

みんなでおやつを食べ、外遊びやレクリエーションを楽しみます。

17:00 宿題のサポート

学校での出来事などを聞きながら、宿題や予習復習の支援を行います。子どもが何か悩んでいることはないかなどを把握するためにも、コミュニケーションをしっかりととることが大事です。

18:30 夕食

夕食の準備と配膳を行います。

19:00 宿直を行うスタッフに引き継ぎ

子どもの様子や翌日の予定について伝達を行い、勤務終了です。