医療情報技師になるには

医療の知識とIT技術は必須

医療情報技師は医療業界の情報システムの構築や管理を担うのが仕事です。

医師や看護師のような医療従事者とは根本的に仕事のスタンスが違いますし、医療事務やコンシェルジュのような事務職とも違います。

たとえるとすれば医療業界専門のエンジニアというイメージを持つとわかりやすいかもしれません。

ですから、この仕事に就くためには医療関係の最低限の知識に加えて、プログラミングを組んだりネットワークを構築したりシステムのメンテナンスをしたりするための専門的なIT技術が必要になります。

医療とITどちらにも興味や関心がある人が適任といえる職業なのです。

理系の勉強が役に立つことも

それでは、医療情報技師になるためにはどのような学校で学べばよいのでしょうか。

まず、理系か文系かということに関してはどちらでも構いませんが、どちらかというと理系出身者のほうが多く活躍しています。

論理的に物事を考えることや機器を扱うことが多いので、理系の人のほうが向いている傾向があるようです。

医療情報技師をめざすのであれば、医療関係の専門学校やIT関係の専門学校に進学するとよいでしょう。

あるいは高等専門学校や大学の理工学部などで情報工学を学んでおくと即戦力として働ける可能性が高まります。

資格の取得をめざして

医療情報技師には「日本医療情報学会」が付与する民間資格があります。

医療情報技師の検定試験では病院情報システムの開発や運営、保守に必要とされる情報処理の知識や医学医療系の知識などを問われます。

この試験は難関試験として知られていますが、多くの専門学校が在学中の資格取得をめざして計画的な受験勉強を進めています。

合格すると就職試験の際に自分の能力をアピールできるという強みができるので、医療情報技師としての就職をめざすのであれば資格に挑戦しておくと選択肢が広がるでしょう。