行政書士と司法書士の違い

同じ「書士」がつく行政書士と司法書士

行政書士と司法書士は、どちらも同じ「書士」が付き、主な内容も書類の代行作成といった面でとても似ています。試験のレベルでいうと、行政書士よりも司法書士の方が難しくなります。

この司法書士と行政書士の大きな違いは、取り扱うことができる書類の分野です。行政書士は官公庁(法務局以外)関連、司法書士は登記関連、裁判関連、法務局関連の業務に携わることができます。

お互いに専門分野を超えて業務を行うことはできません。行政書士と司法書士では明確な区別がされているのです。

司法書士の仕事

行政書士の仕事

行政書士の仕事は、法務局以外の官公庁に関わる業務です。

飲食店の営業許可の申請、産業廃棄物処理の許可申請やその他法務局に関わる業務以外にもさまざまな業務にあたることができます。

主に一般企業から依頼が来て、それに関連する書類を作成、官公庁に提出するといった業務内容になります。行政書士法が改正された関係で、行政書士でも簡単な法律上の紛争に関わることができるようになりました。

今後は、そういった分野での業務も期待されます。

司法書士の仕事

司法書士の仕事は裁判、法務局に関わる関係のものです。裁判関連の書類、会社の登記に関する書類などの作成を行います。

行政書士同様、一般企業からも依頼が来ることがありますし、個人からも裁判を起こす際に依頼が来ることもあります。

書類の提出先は、行政書士とは異なり法務局、裁判所がメインになります。